地震・火山関連メモ 2017年

●塩井・各ページへのリンク

【地震・火山関連メニュー】
【津村建四朗さんによる熊本地震の日毎震央分布図など(2016.04.14〜12.29)】
【熊本地震の日毎震央分布図(2016.04.14〜2017.09.13)】
【熊本地震前後の月毎震央分布図(2015.10.14〜)】
【過去1週間の地震活動時間円表示図(TC図)】 【月間・年間の地震活動時間円表示図(TC図)】
【GNSS座標変動】 【GNSS座標変動・各地詳細】
【GNSS基線長変動】 【火山周辺のGNSS基線長変動】
【西南日本プレート境界及び活断層・火山関連の深部低周波地震】
【簡易電磁波メーターによる磁界値(環境電磁波)観測】
【浅間山】 浅間山の噴火と東部−軽井沢基線の基線長変動
【箱根山】 通常の地震と深部低周波地震の日発生数/箱根山噴火と裾野2−小田原基線長変動
【阿蘇山 中岳第一火口】 画像・動画 噴火日継続時間・深部低周波地震日発生回数と長陽−阿蘇基線長変動
【桜島 昭和火口】 日爆発回数・爆発日最高及び平均高度 爆発・深部低周波地震日発生回数と鹿児島3−鹿児島2基線長変動
【口永良部島】 口永良部島の噴火とGNSS標高変動
【キラウエア火山画像・動画】 ハレマウマウ火口内オーバールック火孔 プウオオ火口

2014年 2015年 2016年
国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


【国内の地震活動】※地域順

・北海道太平洋沖の地震活動(2017年5月22日〜最新9月10日) New!
・十勝地方南部でM5.5の地震発生(2017年4月30日)
・胆振地方中東部でM5.1最大震度5弱の地震発生(2017年7月1日)
・礼文島付近でM2.4の深部低周波地震が発生(2017年5月16日)
・北海道北西部〜北西沖の地震活動(2017年2月7日〜最新7月3日)
・北海道南西部〜南西沖の地震活動(2017年3月28日)
・東北地方太平洋沖の地震活動(2017年1月5日〜最新9月21日)
・東北地方の稍深発〜深発地震活動(2017年1月28日)
・日本海西部でM6.3の深発地震発生(2017年7月14日)
・秋田県内陸南部でM5.2最大震度5強の地震発生(2017年9月8日) New!
・2008年 岩手・宮城内陸地震余震域(宮城県北部)で活発な深部低周波微動活動(2017年8月27日)
・関東地方太平洋沖の地震活動(2017年2月19日〜最新7月30日)
・茨城県北部でM5.5の地震発生(2017年8月2日)
・東京都多摩西部でM4.0の地震発生(2017年9月11日) New!
・伊豆・小笠原諸島の地震活動(2017年1月11日〜最新9月10日) New!
・小笠原諸島西方沖でM6.1の深発地震発生(2017年9月8日)
・長野県南部(御嶽山東麓)でM5.6最大震度5強の地震発生(2017年6月25日)
・東海地方で活発な深部低周波微動活動(2017年2月14日〜16日)
・紀伊半島で活発な深部低周波微動活動(2017年3月2日〜7日・最新9月3日〜5日) New!
・四国地方で活発な深部低周波微動活動(2017年1月17日〜19日・最新9月9日〜13日) New!
・福井県沖でM5.0の地震発生(2017年5月27日)
・2016年 熊本地震の余震活動(2017年5月4日〜最新5月11日)
・日向灘〜豊後水道の地震活動(2017年3月2日〜最新6月20日)
・鹿児島湾南部〜鹿児島県薩摩地方の地震活動(2015年11月〜) New!
・鹿児島湾(南部)でM5.3最大震度5強の地震発生(2017年7月11日)
・大隅半島東方沖でM5.7の地震発生(2017年4月29日)
・南西諸島の地震活動(2017年3月12日〜最新8月16日)
・石垣島近海(南方沖)での深部低周波地震活動(2017年8月17日)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動

北海道太平洋沖の地震活動(2017年5月22日〜最新9月10日)
●気象庁 震度分布図(全国)・速報値(M5以上)
 北海道東方沖 5月22日20時01分頃 D約50km M5.6 最大震度3(根室地方2点) ※スラブ内
 北海道東方沖 6月28日21時07分頃 D約40km M5.7 最大震度3(根室地方3点) ※スラブ内
 浦河沖    9月10日17時44分頃 D約50km M5.7 最大震度4(日高地方3点) ※スラブ内
●発震機構解(M5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面
 北海道東方沖 5月22日20時01分頃 D約50km M5.6
  F-net D56km Mw5.6 ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(中立軸南南西傾斜の横ずれ成分含む)
 北海道東方沖 6月28日21時07分頃 D約40km M5.7
  気象庁(速報値・CMT解国内) D74km Mw5.4 ※南南西−北北東張力軸・横ずれ断層型
 浦河沖    9月10日17時44分頃 D約50km M5.7
  気象庁(速報値・CMT解国内) D47km Mw5.5 ※西北西−東南東・逆断層型(西北西側上昇低角/東南東側上昇高角)
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 浦河沖 9月10日17時44分頃 D約50km M5.7 D46.7km M6.1
●防災科研 AQUAシステム(M5以上)
 浦河沖 9月10日17時44分頃 D約50km M5.7 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形
 5月22日20時台 6月28日21時台 9月10日17時台

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


十勝地方南部でM5.5の地震発生(2017年4月30日)
千島海溝から沈み込む太平洋プレートのスラブ内で発生した地震と推測されます。
●気象庁 震度分布図(札幌管区)・速報値(M4.5以上)
 十勝地方南部 4月30日23時42分頃 D約50km M5.5 最大震度4(日高地方3点、十勝地方1点)
●発震機構解(M4.5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 十勝地方南部 4月30日23時42分頃 D約50km M5.5 気象庁(速報値・CMT解国内) D56km Mw5.4 ※北西−南東圧力軸・逆断層型
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 十勝地方南部 4月30日23時42分頃 D約50km M5.5 D53.6km M5.7
●防災科研 AQUAシステム(M4.5以上)
 十勝地方南部 4月30日23時42分頃 D約50km M5.5 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 4月30日23時台

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


胆振地方中東部でM5.1最大震度5弱の地震発生(2017年7月1日)
(2017.7.4更新)
デラミネーションを受けた日高山脈の地殻下部と空知−蝦夷帯の地殻境界で発生した地震と推測されます。
震源域は弱い傾向ながら北北西−南南東方向に伸び、西南西側に高角で傾き下がっているようです。
●気象庁報道発表資料
 平成29年7月1日23時45分頃の胆振地方中東部の地震について(7月2日2時00分発表)
●気象庁 震度分布図・暫定値
 胆振地方中東部 7月01日23時45分 D27km M5.1 最大震度5弱(胆振地方2点)
 胆振地方中東部 7月02日09時17分 D27km M3.0 最大震度2(胆振地方1点)
 胆振地方中東部 7月03日06時15分 D26km M3.2 最大震度2(胆振地方1点)
 胆振地方中東部 7月13日07時45分 D28km M3.2 最大震度2(胆振地方2点)
 胆振地方中東部 7月14日17時54分 D26km M3.9 最大震度3(胆振地方1点)
 気象庁 震度分布図(札幌管区)・速報値
 胆振地方中東部 7月16日07時59分頃 D約30km M3.2 最大震度2(石狩地方1点、胆振地方2点)
●発震機構解(M4.5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 胆振地方中東部 7月1日23時45分 D27km M5.1
  気象庁(速報値・初動解) ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(中立軸南南西傾斜の横ずれ成分含む)
  気象庁(速報値・CMT解国内) D32km Mw5.1 ※西−東圧力軸・逆断層型
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 胆振地方中東部 7月1日23時45分 D27km M5.1 D30.4km M5.3
●防災科研 AQUAシステム(M4.5以上)
 胆振地方中東部 7月1日23時45分 D27km M5.1 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 7月1日23時台
●地震活動図
 7月1日〜2日の震央分布図・断面図・M-T図



TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


礼文島付近でM2.4の深部低周波地震が発生(2017年5月16日)
(2017.5.31記)
礼文島付近で5月16日15時54分、気象庁一元化震源にM2.4の規模の大きい深部低周波地震が記録されました。
礼文島付近で2000年以降に記録された深部低周波地震でこれまでの最大規模は2007年3月27日のM2.1で、
今回のM2.4は最大規模を更新しました。なお、気象庁一元化震源に2000年以降に記録された深部低周波地震
の最大の地震は2008年6月14日の岩手・宮城内陸地震発生1日後に余震域で発生したM2.7で、5月28日に桜島で
M2.6の深部低周波地震が記録されるまでは、今回の礼文島付近でのM2.4はこの地震に次ぐ規模でした。
●礼文島付近でのM2.0以上の深部低周波地震(気象庁一元化震源)
 5月16日15時54分 D15.3km M2.4
●気象庁 北海道 礼文島観測点連続波形 5月16日15時台

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


北海道北西部〜北西沖の地震活動(2017年2月7日〜最新7月3日)
●気象庁 震度分布図(札幌管区)・速報値
 留萌地方中北部 2月28日11時13分頃 D約20km M3.2 最大震度2(留萌地方1点) ※内陸地殻内
 留萌地方中北部 3月31日04時52分頃 D約20km M2.3 最大震度1(留萌地方1点) ※内陸地殻内
 留萌地方南部  7月01日06時39分頃 D約10km M3.8 最大震度2(留萌地方2点、空知地方4点) ※内陸地殻内
 留萌地方南部  7月01日08時28分頃 D約10km M2.7 最大震度1(空知地方1点) ※内陸地殻内
 留萌地方南部  7月03日16時29分頃 D約10km M2.9 最大震度2(空知地方1点) ※内陸地殻内
●発震機構解(参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 留萌地方南部 7月01日06時39分頃 D約10km M3.8 F-net D8km Mw4.0 ※西南西−東北東圧力軸・逆断層型
●地震活動図
 北海道北西沖〜留萌地方中北部の地震活動
 2016年11月1日〜2017年2月11日 D100km以浅 ※羽幌町付近沖で北側で2月7日から、南側で2月8日からの2箇所のクラスタ的活動
 震央分布図・断面図(南南西−北北東) M-T図 時空間分布図(南南西−北北東)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


北海道南西部〜南西沖の地震活動(2017年3月28日)
●気象庁 震度分布図(全国)・速報値(M5以上)
 北海道南西沖 3月28日07時31分頃 D約10km M5.0 最大震度1(北海道9点、青森県1点、秋田県1点) ※奥尻島西方・日本海地殻内
●発震機構解(M5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面
 北海道南西沖 3月28日07時31分頃 D約10km M5.0 気象庁(速報値・CMT解国内) D10km Mw5.1 ※北西−南東張力軸・正断層型
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
●防災科研 AQUAシステム(M5以上)
●防災科研 100トレース連続波形
 3月28日7時台

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


東北地方太平洋沖の地震活動(2017年1月5日〜最新9月21日)
●気象庁 震度分布図(全国)・速報値(M5以上)
 福島県沖 1月05日00時44分頃 D約60km M5.3 最大震度4(福島県14点、茨城県8点) ※スラブ内
 福島県沖 1月05日02時53分頃 D約30km M5.8 最大震度4(福島県3点、茨城県2点) ※内陸側地殻内(2016年11月22日M7.4余震)
 岩手県沖 1月26日17時06分頃 D約30km M5.1 最大震度3(岩手県2点) ※スラブ内またはプレート境界
 福島県沖 2月11日06時05分頃 D約40km M5.2 最大震度3(宮城県15点、山形県1点、福島県21点、栃木県2点) ※内陸側地殻内(2016年11月22日M7.4余震)
 福島県沖 2月28日16時49分頃 D約50km M5.6 最大震度5弱(宮城県1点、福島県4点) ※スラブ内
 福島県沖 3月12日04時57分頃 D約50km M5.3 最大震度4(福島県2点) ※スラブ内
 福島県沖 7月20日09時11分頃 D約40km M5.6 最大震度4(宮城県1点、福島県5点) ※スラブ内
 三陸沖  7月24日00時36分頃 D約10km M5.7 最大震度2(青森県10点、岩手県7点、宮城県4点、山形県1点) ※プレート境界
 福島県沖 9月20日05時18分頃 D約40km M5.3 最大震度3(福島県3点) ※スラブ内またはプレート境界
 三陸沖  9月21日01時37分頃 D約10km M5.9 最大震度2 ※アウターライズ
  (北海道7点、青森県10点、青森県8点、岩手県15点、宮城県40点、山形県2点、福島県34点、茨城県20点、栃木県7点、群馬県4点、埼玉県5点、千葉県1点)
●発震機構解(M5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面
 福島県沖 1月05日00時44分頃 D約60km M5.3 F-net D50km Mw5.1
  ※北西−南東圧力軸・逆断層型(北西側上昇高角/南東側上昇低角)
 福島県沖 1月05日02時53分頃 D約30km M5.8 気象庁(速報値・CMT解国内) D15km Mw5.3
  ※西北西−東南東張力軸・正断層型
 岩手県沖 1月26日17時06分頃 D約30km M5.1 気象庁(速報値・CMT解国内) D47km Mw5.1
  ※西−東圧力軸・逆断層型(西側上昇低角/東側上昇高角)
 福島県沖 2月11日06時05分頃 D約40km M5.2 気象庁(速報値・CMT解国内) D22km Mw5.2
  ※北西−南東張力軸・正断層型(北西側低下低角/南東側低下高角)
 福島県沖 2月28日16時49分頃 D約50km M5.6 気象庁(速報値・CMT解国内) D57km Mw5.7
  ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(西北西側上昇低角/東南東側上昇高角)
 福島県沖 3月12日04時57分頃 D約50km M5.3 気象庁(速報値・CMT解国内) D53km Mw5.3
  ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(西北西側上昇低角/東南東側上昇高角)
 福島県沖 7月20日09時11分頃 D約40km M5.6 気象庁(速報値・CMT解国内) D46km Mw5.8
  ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(西北西側上昇低角/東南東側上昇高角)
 三陸沖  7月24日00時36分頃 D約10km M5.7 気象庁(速報値・CMT解国内) D18km Mw5.6
  ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(西北西側上昇低角/東南東側上昇高角)
 福島県沖 9月20日05時18分頃 D約40km M5.3 F-net D65km Mw5.3
  ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(西北西側上昇低角/東南東側上昇高角)
 三陸沖  9月21日01時37分頃 D約10km M5.9 気象庁(速報値・CMT解国内) D15km Mw6.2 気象庁(速報値・CMT全世界) D18km Mw6.2
  ※CMT解国内:西北西−東南東張力軸・正断層型、CMT解全世界:西−東張力軸・正断層型(西側低下高角/東側低下低角)
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 福島県沖 1月05日00時44分頃 D約60km M5.3 D54.3km M5.5
 福島県沖 1月05日02時53分頃 D約30km M5.8 D24.5km M5.1
 岩手県沖 1月26日17時06分頃 D約30km M5.1 D32.9km M5.5
 福島県沖 2月11日06時05分頃 D約40km M5.2 D28.2km M5.8
 福島県沖 2月28日16時49分頃 D約50km M5.6 D51.3km M5.9
 福島県沖 3月12日04時57分頃 D約50km M5.3 D44.4km M5.7
 福島県沖 7月20日09時11分頃 D約40km M5.6 D42.2km M6.1
 三陸沖  7月24日00時36分頃 D約10km M5.7 D18.4km M5.7
 福島県沖 9月20日05時18分頃 D約40km M5.3 D32.4km M5.4
●防災科研 AQUAシステム(M5以上)
 福島県沖 1月05日00時44分頃 D約60km M5.3 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 福島県沖 1月05日02時53分頃 D約30km M5.8 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 岩手県沖 1月26日17時06分頃 D約30km M5.1 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 福島県沖 2月11日06時05分頃 D約40km M5.2 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 福島県沖 2月28日16時49分頃 D約50km M5.6 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 福島県沖 3月12日04時57分頃 D約50km M5.3 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 福島県沖 7月20日09時11分頃 D約40km M5.6 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 三陸沖  7月24日00時36分頃 D約10km M5.7 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 福島県沖 9月20日05時18分頃 D約40km M5.3 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 三陸沖  9月21日01時37分頃 D約10km M5.9 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形
 1月5日0時台 1月5日2時台 1月26日17時台 2月11日6時台 2月28日16時台 3月12日4時台 5時台
 7月20日9時台 7月24日0時台 9月20日5時台 9月21日1時台
●気象庁報道発表資料
 平成29年2月28日16時49分頃の福島県沖の地震−「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第81報)(2月28日18時15分発表)
●地震活動図
 福島県沖の地震活動
 2016年11月22日〜2017年1月5日9時時点 M1以上 D100km以浅の震央分布図・断面図・M-T図・時空間分布図・震源球図
 ※1月5日0時44分頃 M5.3、2時53分頃 M5.8発生後、6時台〜7時台に茨城県北部での地震活動活発化





 2017年2月10日〜11日 D100km以浅の震央分布図・断面図(西南西−東北東)・時空間分布図(西南西−東北東)
 ※2月11日6時5分 M5.2発生前3時台頃からの2016年11月22日M7.4余震域及び茨城県北部での地震活動活発化



 2017年2月26日〜3月1日 D100km以浅の震央分布図・断面図(北西−南東)
 ※M5.7を最大としたM4以上の地震が4日間に5回発生し内1回の2016年11月22日M7.4余震域での発生以外
  の4回は余震域より沈み込み側の太平洋プレートのスラブ内で発生

 三陸沖の海溝に近い領域での2月27日〜28日の地震活動の震央分布図(GoogleMap)
 三陸沖アウターライズでの3月11日〜15日の地震活動の震央分布図(GoogleMap)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


東北地方の稍深発〜深発地震活動(2017年1月28日)
日本海西部でM6.3の深発地震発生(2017年7月13日)
日本海溝から沈み込む太平洋プレートのスラブ内で発生したM5以上の地震を記録。
(2017.7.15記)
日本海西部で7月13日4時48分にD603km M6.3(気象庁暫定値)の深発地震発生。
●気象庁 震度分布図(全国)・速報値(M5以上)
 秋田県内陸南部 1月28日22時40分頃 D約150km M5.0 最大震度3(青森県3点、岩手県16点、宮城県3点)
 日本海西部   7月13日04時49分頃 D約590km M6.3 最大震度1(北海道2点、福島県1点、埼玉県1点)
●発震機構解(M5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面
 秋田県内陸南部 1月28日22時40分頃 D約150km M5.0 気象庁(速報値・CMT解国内) D150km Mw4.9
  ※西南西−東北東張力軸・正断層型
 日本海西部   7月13日04時49分頃 D約590km M6.3 気象庁(速報値・CMT解国内) D560km Mw5.9
  ※北北東−南南西張力軸・横ずれ断層型(中立軸東南東傾斜の正断層成分含む)
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
●防災科研 AQUAシステム(M5以上)
 秋田県内陸南部 1月28日22時40分頃 D約150km M5.0 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形
 1月28日22時台 7月13日4時台
●防災科研 強震モニターより 地表加速度4秒毎アニメーション 13日4時49分44秒〜53分00秒

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


秋田県内陸南部でM5.2最大震度5強の地震発生(2017年9月8日)
(2017.9.10記)
内陸地殻内で発生した地震。気象庁暫定値ではD9km M5.2。気象庁発震機構解(速報値・初動解)では
北西−南東張力軸の正断層成分(中立軸東北東傾斜)を含む横ずれ断層型メカニズム。震源分布の長軸は
南北で、東西方向の断面ではほぼ垂直な東側がシャープで西側に拡散する傾向が見られます。震源分布
からは南北走向の右横ずれ断層のすべりが推測されます。北西−南東に張力軸を持つ発震機構解は北側に
隣接する大平山地南部で2011年 東北地方太平洋沖地震以降に活発化した地震活動に共通しています。
(2017.9.16記)
地理院によると、震源域周辺の電子基準点で観測されたデータを解析した結果(9月11日までのデータ使用)
では地震に伴いデータのばらつきを超える有意な変化は見られずとのことです。
●気象庁報道発表資料
 平成29年9月8日22時23分頃の秋田県内陸南部の地震について(9月9日0時30分発表)
●気象庁 震度分布図(仙台管区)・速報値(M4.5以上)
 秋田県内陸南部 9月8日22時23分頃 D約10km M5.3 最大震度5強(大仙市神宮寺)
●発震機構解(M4.5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 9月8日22時23分頃 D約10km M5.3
  気象庁(速報値・初動解) ※北西−南東張力軸・正断層型(中立軸東北東傾斜の正断層成分含む)
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 9月8日22時23分頃 D約10km M5.3 D9.7km M5.1
●防災科研 AQUAシステム(M4.5以上)
 9月8日22時23分頃 D約10km M5.3 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 9月8日22時台
●地理院 平成29年9月8日22時23分の秋田県内陸南部の地震に伴う地殻変動について(9月15日)
●地震活動図
 9月8日〜14日の気象庁一元化震源を使用したD40km以浅の震央分布図、断面図、M-T・NT重ね図


 2000年以降のF-net発震機構解を使用したM3以上の震源球分布図、M-T図



TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


2008年 岩手・宮城内陸地震余震域(宮城県北部)で活発な深部低周波微動活動(2017年8月27日)
(2017.9.2記)
2008年 岩手・宮城内陸地震余震域(宮城県北部)での深部低周波地震が8月27日、気象庁一元化震源に16回
記録されています。岩手・宮城内陸地震余震域(宮城県北部)での深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日
に10回以上記録されたのは2000年以降では6回目、前回は4月24日の10回でした。1日の最多発生数は2000年
以降では2007年11月26日の15回でしたが、今回の16回はこれを更新しました。岩手・宮城内陸地震余震域
(宮城県北部)での深部低周波地震は活発な領域の深さが異なる2箇所の平面的なクラスタがあります。
岩手・宮城内陸地震前から活動があり地震後は減少傾向でしたが2013年頃から増加傾向が見られます。
●地震活動図
 8月27日の深部低周波地震の震央分布図(2008年6月14日以降の通常の地震を灰色表示)
 2000年1月1日〜2017年8月27日の深部低周波地震の震央分布図(2008年6月14日以降の通常の地震を灰色表示) M-T・N-T重ね図

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


関東地方太平洋沖の地震活動(2017年2月19日〜最新7月30日)
●気象庁 震度分布図(全国)・速報値(M5以上)
 千葉県東方沖 2月19日18時19分頃 D約60km  M5.4 最大震度4(茨城県2点、千葉県20点) ※銚子市付近・スラブ内
 茨城県沖   7月28日16時16分頃 Dごく浅い M5.0 最大震度1(福島県1点、茨城県3点、千葉県1点) ※プレート境界
 関東東方沖  7月30日21時45分頃 D約10km  M5.1 最大震度1
  (岩手県1点、宮城県5点、福島県5点、茨城県3点、栃木県2点、神奈川県1点)
※アウターライズ(鹿島海山列付近)
●発震機構解(M5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面
 千葉県東方沖 2月19日18時19分頃 D約60km  M5.4 気象庁(速報値・CMT解国内) D49km Mw5.4
  ※西−東圧力軸・逆断層型(西側上昇低角/東側上昇高角)
 茨城県沖   7月28日16時16分頃 Dごく浅い M5.0 気象庁(速報値・CMT解国内) D13km Mw4.6
  ※西−東圧力軸・逆断層型(西側上昇低角/東側上昇高角)
 関東東方沖  7月30日21時45分頃 D約10km  M5.1 気象庁(速報値・CMT解国内 D11km Mw5.3
  ※西北西−東南東張力軸・正断層型
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 千葉県東方沖 2月19日18時19分頃 D約60km M5.4 D59.1km M5.4
●防災科研 AQUAシステム(M5以上)
 千葉県東方沖 2月19日18時19分頃 D約60km M5.4 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形
 2月19日18時台 7月28日16時台 7月30日21時台

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


茨城県北部でM5.5の地震発生(2017年8月2日)
茨城県北部での活発な地震活動域の内陸地殻内で発生した地震。
●気象庁 震度分布図(東京管区)・速報値(M4.5以上)
 茨城県北部 8月02日02時02分頃 D約10km M5.5 最大震度4
  (福島県4点、茨城県53点、栃木県3点、群馬県1点、埼玉県1点、千葉県5点)
 気象庁 震度分布図・暫定値(M4.5以上)
 茨城県北部 8月27日11時26分  D11km  M4.8 最大震度3(福島県3点、茨城県27点)
●発震機構解(M4.5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 茨城県北部 8月02日02時02分頃 D約10km M5.5 気象庁(速報値) 初動解 CMT解国内 D12km Mw5.1
  ※初動解では南西−北東張力軸、CMT解では南南西−北北東張力軸・正断層型
 茨城県北部 8月27日11時26分  D11km  M4.8 気象庁(精査後) 初動解 CMT解 D11km Mw4.4
  ※北北西−南南東張力軸・正断層型
●防災科研 最近の大きな地震(M4.5以上)
 茨城県北部 8月02日02時02分頃 D約10km M5.5 D9.8km M5.7
 茨城県北部 8月27日11時26分  D11km  M4.8 D9.8km M5.1
●防災科研 AQUAシステム(M4.5以上)
 茨城県北部 8月02日02時02分頃 D約10km M5.5 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 茨城県北部 8月27日11時26分  D11km  M4.8 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 8月2日2時台 8月27日11時台

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


東京都多摩西部でM4.0の地震発生(2017年9月11日)
(2017.9.16記)
東京都多摩西部で9月11日0時51分にD50km N4.0(気象庁暫定値)の地震発生。気象庁発震機構解(精査後)
によると北北西−南南西圧力軸の横ずれ成分(中立軸南西傾斜)を含む逆断層型メカニズムで、関東平野に
沈み込むフィリピン海プレートのスラブ内で発生した地震。この付近のフィリピン海プレートスラブ内
では気象庁一元化震源には2000年以降M3.5以上の地震は記録されていませんでした。
(2017.9.20記)
東京都多摩西部での9月11日 N4.0の地震発生後、埼玉県南部のフィリピン海プレートのスラブ内で14日に
D50km M4.5、17日にD52km M3.8(いずれも気象庁暫定値)の地震が記録されています。
●気象庁 震度分布図・暫定値
 東京都多摩西部 9月11日00時51分 D50km M4.0 最大震度3(神奈川県1点、山梨県1点)
 埼玉県南部   9月14日09時27分 D50km M4.5 最大震度3(埼玉県8点、東京都10点、神奈川県1点)
 埼玉県南部   9月17日06時58分 D52km M3.8 最大震度2(茨城県1点、埼玉県2点、東京都8点、神奈川県1点)
●発震機構解※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 東京都多摩西部 9月11日00時51分 D50km M4.0 気象庁(精査後) 初動解
  ※北北西−南南西圧力軸・逆断層型(中立軸南西傾斜の横ずれ成分含む)
 埼玉県南部   9月14日09時27分 D50km M4.5 気象庁(精査後) 初動解 CMT解
  ※北北西−南南西圧力軸・逆断層型(北北西側上昇高角/南南東側上昇低角節面)
 埼玉県南部   9月17日06時58分 D52km M3.8 気象庁(精査後) 初動解
  ※北北西−南南西圧力軸・逆断層型(北北西側上昇高角/南南東側上昇低角節面)
●防災科研 AQUAシステム
 東京都多摩西部 9月11日00時51分 D50km M4.0 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 埼玉県南部   9月14日09時27分 D50km M4.5 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 埼玉県南部   9月17日06時58分 D52km M3.8 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 9月11日0時台 9月14日9時台 9月17日6時台 7時台
●地震活動図
 2000年1月1日〜2017年9月18日の気象庁一元化震源を使用したD100km以浅 M3.5以上の震央分布図

 2000年1月1日〜2017年9月14日の気象庁一元化震源を使用したD200km以浅 M-1.0以上の震央分布図、断面図



TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


伊豆・小笠原諸島の地震活動(2017年1月11日〜最新9月11日)
小笠原諸島西方沖でM6.1の深発地震発生(2017年9月8日)
●気象庁 震度分布図(全国)・速報値(M5以上)
 小笠原諸島西方沖 1月11日01時22分頃 D約470km M5.1 最大震度1(小笠原村母島) ※スラブ内・深発地震
 硫黄島近海    6月05日03時46分頃 D約120km M5.0 最大震度1(小笠原村母島) ※スラブ内・稍深発地震
 小笠原諸島西方沖 6月13日23時32分頃 D約440km M5.2 最大震度2(小笠原村母島) ※スラブ内・深発地震
 鳥島近海     7月28日08時59分頃 D約10km M5.6 最大震度1(小笠原村父島三日月山) ※小笠原海嶺地殻内
 小笠原諸島西方沖 9月08日02時27分頃 D約460km M6.1 最大震度3(小笠原村母島) ※スラブ内・深発地震
 硫黄島近海    9月12日02時35分頃 D約10km M5.9 最大震度1(小笠原村母島) ※島弧地殻内地震
●発震機構解(M5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面
 鳥島近海 7月28日08時59分頃 D約10km M5.6
  F-net D5km Mw5.2 ※西南西−東北東張力軸・正断層型
 小笠原諸島西方沖 9月08日02時27分頃 D約460km M6.1
  気象庁(速報値・CMT解国内) D464km Mw6.0 ※南西−北東張力軸・正断層型
 硫黄島近海 9月12日02時35分頃 D約10km M5.9
  F-net D35km Mw5.7 ※西南西−東北東張力軸・横ずれ断層型
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
●防災科研 AQUAシステム(M5以上)
●防災科研 100トレース連続波形(M5以上)
 1月11日1時台 6月5日3時台 13日23時台 7月28日9時台 9月8日2時台 9月12日2時台

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


長野県南部(御嶽山東麓)でM5.6最大震度5強の地震発生(2017年6月25日)
(2017.6.27更新)
内陸地殻内で発生した地震。気象庁暫定値ではD7km M5.6。6月25日の震源分布には南西−北東に並ぶいずれも
南東側に傾き下がる2列の余震域が見られ、本震の震源はその間に位置している可能性があります。また余震
は深さ20km付近まで分布しています。地理院によると震源に近い三岳(みたけ)基準点で水平方向に小さな地殻
変動を観測。ただし変動量には地震による電子基準点の傾斜の影響を含む可能性ありとのことです。
御嶽山での深部低周波地震と活動域に連続性が見られ、1984年 長野県西部地震を含め、御嶽山の深部マグマ
活動が起源の深部流体が関与している可能性が推測されます。
●気象庁報道発表資料
 平成29年6月25日07時02分頃の長野県南部の地震について(6月25日9時00分発表)
●地理院 平成29年6月25日07時02分の長野県南部の地震に伴う地殻変動を観測(6月27日)
●気象庁 震度分布図(東京管区)・速報値(M4.5以上)
 長野県南部 6月25日07時02分頃 Dごく浅い M5.7 最大震度5強(王滝村2点、木曽町1点)
 長野県南部 6月25日15時17分頃 Dごく浅い M4.7 最大震度4(王滝村1点、木曽町2点)
●発震機構解(M4.5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 6月25日07時02分頃 Dごく浅い M5.7
  気象庁(速報値・初動解) ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(中立軸東北東傾斜の横ずれ成分含む)
  気象庁(速報値・CMT解国内)D10km Mw5.2 ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型
 6月25日15時17分頃 Dごく浅い M4.7 F-net ※西−東圧力軸・逆断層型
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 6月25日07時02分頃 Dごく浅い M5.7 D4.8km M5.5
●防災科研 AQUAシステム(M4.5以上)
 6月25日07時02分頃 Dごく浅い M5.7 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 6月25日15時17分頃 Dごく浅い M4.7 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 6月25日7時台 6月25日24時間表示
●地震活動図
 6月25日7時30分時点のD40km以浅の震央分布図に1984年 長野県西部地震及びその最大余震の震央をプロット
 6月25日の気象庁一元化震源による震央分布図、断面図 M-T図
 6月25日〜26日の地震活動と2000年以降の深部低周波地震活動を重ねた震央分布図、断面図

 6月17日〜8月16日の乗鞍岳〜焼岳を含めた震央分布図、時空間分布図


 6月17日〜8月16日の震源域付近の震央分布図、断面図、M-T・N-T重ね図、D-T図




TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


東海地方で活発な深部低周波微動活動(2017年2月14日〜16日)
●広島大学 ATMOS 深部低周波微動震央分布図
 2017年2月14日 15日 16日
●産総研 WellWeb 深部低周波微動震央分布図・断面図・時空間分布図
 1月25日〜2月22日

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


紀伊半島で活発な深部低周波微動活動(2017年3月2日〜7日・最新9月3日〜5日)
●広島大学 ATMOS 深部低周波微動震央分布図
 3月2日 3日 4日 5日 6日 7日
 4月20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日
 5月4日 5日 6日 7日 8日
 8月5日 6日
 9月3日 4日 5日
●産総研 WellWeb 深部低周波微動震央分布図・断面図・時空間分布図
 2月26日〜3月5日 3月1日〜8日 4月4日〜5月1日 5月4日〜11日 4月4日〜5月1日 7月15日〜8月11日 8月17日〜9月13日
●広島大学 ATMOS 深部低周波微動震央分布図による動画
 4月19日〜5月1日 ※三重県中部で始まり三重県南部〜奈良県まで南西方向に活動域が移動


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


四国地方で活発な深部低周波微動活動(2017年1月17日〜19日・最新9月9日〜13日)
●広島大学 ATMOS 深部低周波微動震央分布図
 東部3月2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日
 5月27日 6月7日 8日
 8月9日 10日 11日 12日 13日
 9月9日 10日 11日 12日 13日
 西部 1月17日 18日 19日
 2月8日 9日 10日
 2月22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日3月2日 3日 8日 9日
 5月3日 4日 5日 6日
 5月30日 31日 6月1日 2日
 7月20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日
●産総研 WellWeb 深部低周波微動震央分布図・断面図・時空間分布図
 1月14日〜21日 2月5日〜12日 2月18日〜25日 2月26日〜3月5日 3月1日〜11日 5月4日〜11日
 5月14日〜6月10日 6月28日〜7月25日 7月16日〜8月12日 8月17日〜9月13日
●広島大学 ATMOS 深部低周波微動震央分布図による動画
 7月20日〜26日 ※愛媛県中予で始まり豊後水道まで南西方向に活動域が移動


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


福井県沖でM5.0の地震発生(2017年5月27日)
日本海の地殻内で発生した地震。
●気象庁 震度分布図(大阪管区)・速報値(M4.5以上)
 福井県沖 5月27日22時50分頃 D約10km M5.0 最大震度2
  (富山県4点、石川県18点、福井県14点、岐阜県3点、愛知県1点、三重県2点、滋賀県21点、京都府15点、大阪府2点、兵庫県12点、奈良県8点、鳥取県6点、岡山県3点)
●発震機構解(M4.5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 福井県沖 5月27日22時50分頃 D約10km M5.0 気象庁(速報値・CMT解国内)
 D10km Mw4.9 ※南−北圧力軸・逆断層型(北北東側上昇低角/南南東側上昇高角・中立軸東北東傾斜の横ずれ成分含む)
 F-net D5km Mw4.8 ※西北西−東南東圧力軸・横ずれ断層型(西南西−東北東走向の右ずれ/北北西−南南東走向の左ずれ)
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 福井県沖 5月27日22時50分頃 D約10km M5.0 D13.0km M5.3
●防災科研 AQUAシステム(M4.5以上)
 福井県沖 5月27日22時50分頃 D約10km M5.0 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 5月27日22時台
●参考資料
 若狭湾周辺海域の第四紀構造運動(山本博文/福井大学・2009年)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


2016年 熊本地震の余震活動(2017年5月4日〜最新5月11日)
●気象庁報道発表資料
 「平成28年(2016年)熊本地震」について(第43報)−平成29年7月2日00時58分頃の熊本県阿蘇地方の地震−(7月2日3時00分発表)
●気象庁 震度分布図(福岡管区)・速報値(M4以上・最大震度4以上)
 熊本県熊本地方 5月04日14時22分頃 D約10km M4.1 最大震度4(熊本県1点)
 熊本県熊本地方 5月11日20時21分頃 D約10km M4.3 最大震度4(熊本県2点)
 熊本県阿蘇地方 7月02日00時58分頃 D約10km M4.5 最大震度5弱(熊本県1点)
●発震機構解(M4以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 熊本県熊本地方 5月04日14時22分頃 D約10km M4.1 気象庁(速報値・初動解) ※北北西−南南東張力軸・正断層型
 熊本県熊本地方 5月11日20時21分頃 D約10km M4.3 気象庁(速報値・初動解) ※北北西−南南東張力軸・正断層型
 熊本県阿蘇地方 7月02日00時58分頃 D約10km M4.5 F-net ※北北西−南南東張力軸・横ずれ断層型
●防災科研 AQUAシステム(M4以上)
 熊本県熊本地方 5月04日14時22分頃 D約10km M4.1 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 熊本県熊本地方 5月11日20時21分頃 D約10km M4.3 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 熊本県阿蘇地方 7月02日00時58分頃 D約10km M4.5 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形
 5月4日14時台 5月11日20時台 7月2日0時台 1時台

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


日向灘〜豊後水道の地震活動(2017年3月2日〜最新6月20日)
●気象庁報道発表資料
 平成29年6月20日23時27分頃の豊後水道の地震について(6月21日1時30分発表)
●気象庁 震度分布図(福岡管区)・速報値(M5以上)
 日向灘(北部) 3月02日23時53分頃 D約30km M5.2 最大震度4(熊本県1点、大分県8点、宮崎県5点) ※スラブ内
 豊後水道   6月20日23時27分頃 D約40km M5.0 最大震度5強(大分県1点) ※スラブ内
●発震機構解(M5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面
 日向灘(北部) 3月02日23時53分頃 D約30km M5.2 気象庁(速報値・CMT解国内) D33km Mw5.3
  ※西−東張力軸・正断層型(西側低下高角/東側低下低角)
 豊後水道   6月20日23時27分頃 D約40km M5.0
  気象庁(速報値・初動解) ※北北西−南南東張力軸・正断層型(西北西側上昇低角/東南東側上昇高角節面)
  気象庁(速報値・CMT解国内) ※西北西−東南東圧力軸・逆断層型(北北西側低下高角/南南東側低下低角)
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 日向灘(北部) 3月02日23時53分頃 D約30km M5.2 D35.4km M5.3
 豊後水道   6月20日23時27分頃 D約40km M5.0 D42.4km M5.3
●防災科研 AQUAシステム(M5以上)
 日向灘(北部) 3月02日23時53分頃 D約30km M5.2 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 豊後水道   6月20日23時27分頃 D約40km M5.0 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形
 3月2日23時台 6月20日23時台
●九州大学 地震火山観測研究センター 日向灘海域の震央分布図
 最近24時間 最近1週間 最近30日間
●地震活動図
 日向灘北部での3月2日23時53分のM5.3と余震活動
 Hi-net自動処理震源による3日8時30分時点の震央分布図(GoogleMap)
 気象庁一元化震源による3月2日〜4日 M0以上 D100km以浅の震央分布図・断面図(西−東)・M-T図
 ※断面図の震源分布から西側低下の高角節面のすべりが推測されます


 豊後水道での6月20日23時27分のM5.0と余震活動
 Hi-net自動処理震源による6月20日〜21日6時時点の M-1以上 D100km以浅の震央分布図・断面図(北西−南東)・M-T図



TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


鹿児島湾南部〜鹿児島県薩摩地方の地震活動(2015年11月〜)
鹿児島湾(南部)でM5.3最大震度5強の地震発生(2017年7月11日)
(2017.2.26記)
鹿児島湾南部喜入沖付近で2015年11月に微小地震の活発なクラスタ活動が始まり発生頻度増加、規模増大
傾向が見られます。南西側では2001年に、南東側では2008年により小規模なクラスタ的活動が記録されて
います。この活動域は約10〜11万年前に噴出した阿多火砕流、阿多テフラの噴出源と推測されている阿多
北部カルデラの範囲に含まれており、残存するマグマ溜りから上昇する熱水に関連する地震活動が推測
されます。
(2017.3.11記)
鹿児島湾南部 阿多北部カルデラ内での地震活動は2月下旬をピークに発生頻度が減少傾向ですが、薩摩半島
東岸 瀬々串付近で3月5日から新たにクラスタ的な地震活動が始まり8日には急増しています。
(2017.7.17更新)
鹿児島湾で7月11日11時56分にD10km M5.3(気象庁暫定値) 最大震度5強の地震発生。この地震発生後、南北に
のびる震源域で群発的な地震活動に移行し、5月10日〜11日に地震活動が活発化した指宿市付近の震源域でも
7月11日と13日に一時的に地震活動が活発化しました。いずれの震源域でもほとんどが深さ5km〜15kmに分布
しており、期間中に分布域の変化は見られません。現状からは1月〜2月の活動の際に推測した熱水の上昇の
関与の可能性は低く、北北西−南南東方向の構造線に沿ったマグマや熱水の関与していない構造性の地震活動
の可能性が高いと考えられます。
(2017.8.20記)
鹿児島湾(鹿児島市喜入町沖)と鹿児島県薩摩地方(指宿市付近)での地震活動はクラスタ的な活動が始まった
2015年11月から数回の盛衰を繰り返し、それぞれの活動中心の変化も見られますが、どちらかが活発化すると
数日〜数週間をおいてもう一方も活発化する傾向が継続しています。2つの震源域の間の線上でも弱い地震活動
が見られ、この区間で主たるすべりが発生していて周辺(東側)が高温で塑性変形が卓越しているために群発的
な活動は起こらず、両端の脆性破壊の卓越する領域で群発的な地震活動が起きている可能性が考えられます。
●気象庁報道発表資料 平成29年7月11日11時56分頃の鹿児島湾の地震について(7月11日13時15分発表)
●石川有三さん 鹿児島湾の地震(2017/07/11)M5.2
●気象庁 震度分布図(鹿児島県)・速報値
  3月11日21時10分頃 鹿児島湾 D約10km  M3.6 最大震度3(鹿児島市喜入町)
  3月11日21時18分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.2 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  5月02日14時24分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.7 最大震度1(鹿児島県2点)
  5月11日14時19分頃 鹿児島湾 Dごく浅い M2.9 最大震度2(指宿市十町)
  6月28日00時10分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.2 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月11日11時56分頃 鹿児島湾 D約10km  M5.2 最大震度5強(鹿児島市喜入町)
  7月11日12時26分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.3 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月11日21時52分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月12日17時06分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月13日04時31分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.0 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月13日04時35分頃 鹿児島湾 D約10km  M3.3 最大震度2(鹿児島市喜入町)
  7月13日05時10分頃 鹿児島湾 Dごく浅い M2.4 最大震度1(指宿市十町)
  7月13日07時43分頃 薩摩半島西方沖 D約10km M2.2 最大震度1(指宿市十町)
  7月13日09時17分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.3 最大震度1(指宿市十町)
  7月14日10時11分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月15日00時15分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.4 最大震度1(鹿児島県3点)
  7月15日07時12分頃 鹿児島湾 D約10km  M3.1 最大震度3(鹿児島市喜入町)
  7月15日12時40分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月15日16時37分頃 鹿児島湾 D約10km  M3.5 最大震度3(鹿児島市喜入町)
  7月16日00時30分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.2 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月17日01時03分頃 鹿児島湾 D約10km  M1.7 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月17日05時15分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.2 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月18日22時42分頃 鹿児島県薩摩地方 D約10km  M2.3 最大震度2(鹿児島市喜入町)
  7月19日11時40分頃 鹿児島県薩摩地方 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月19日19時33分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.3 最大震度1(鹿児島市1点、南九州市1点)
  7月25日00時45分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.3 最大震度1(鹿児島市2点)
  7月25日08時25分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.5 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月31日02時12分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  7月31日04時08分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.5 最大震度1(鹿児島市2点)
  7月31日22時55分頃 鹿児島湾 Dごく浅い M2.5 最大震度1(鹿児島市1点、指宿市2点)
  8月01日07時59分頃 鹿児島湾 D約10km  M1.8 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月01日14時26分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月02日09時10分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.4 最大震度1(鹿児島市2点)
  8月03日05時18分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.6 最大震度2(鹿児島市1点、南九州市1点)
  8月03日08時43分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.0 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月03日09時49分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.3 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月04日10時05分頃 鹿児島県薩摩地方 D約10km  M2.3 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月07日09時24分頃 鹿児島県薩摩地方 Dごく浅い M3.3 最大震度2(鹿児島市2点、指宿市2点)
  8月07日09時39分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.4 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月08日04時54分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.3 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月08日23時29分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.5 最大震度1(鹿児島市1点、指宿市1点)
  8月09日01時59分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.4 最大震度1(鹿児島市2点)
  8月09日03時20分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.3 最大震度1(鹿児島市1点、指宿市1点)
  8月09日12時14分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.6 最大震度2(鹿児島市喜入町)
  8月10日22時02分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.8 最大震度2(鹿児島市喜入町)
  8月12日05時10分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.0 最大震度2(鹿児島市喜入町)
  8月15日20時59分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月17日02時43分頃 鹿児島湾 D約10km  M1.9 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月19日11時11分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.1 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  8月20日18時38分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.8 最大震度2(鹿児島市喜入町)
  8月24日14時34分頃 鹿児島湾 D約10km  M4.5 最大震度4(鹿児島市喜入町)
  8月29日13時01分頃 鹿児島県薩摩地方 Dごく浅い M2.6 最大震度2(指宿市十町)
  8月29日14時23分頃 鹿児島湾 Dごく浅い M2.3 最大震度1(指宿市十町)
  8月31日17時41分頃 鹿児島湾 Dごく浅い M2.0 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  9月05日00時48分頃 鹿児島湾 Dごく浅い M2.4 最大震度1(鹿児島市喜入町)
  9月07日05時41分頃 鹿児島湾 D約10km  M2.0 最大震度1(鹿児島市喜入町)
●発震機構解(M4.5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 7月11日11時56分頃 D約10km M5.2 気象庁(速報値・初動解) ※西北西−東南東張力軸・横ずれ断層型
 8月24日14時34分頃 D約10km M4.5 気象庁(速報値・初動解) ※西北西−東南東張力軸・横ずれ断層型
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 7月11日11時56分頃 D約10km M5.2 D10.1km M5.2
●防災科研 AQUAシステム(M4.5以上)
 7月11日11時56分頃 D約10km M5.2 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 8月24日14時34分頃 D約10km M4.5 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 7月11日11時台 11日12時台 8月24日14時台
●地震活動図
 鹿児島湾南部の地震活動 2000年1月1日〜2017年2月19日16時時点 40km以浅
 震央分布図、断面図(西−東) M-T・N-T重ね図
 鹿児島湾南部〜薩摩半島東岸での地震活動 2017年2月10日〜3月9日 40km以浅 M0以上
 震央分布図(GoogleMap) 南−北断面の時空間分布図
 鹿児島湾(鹿児島市喜入町沖)〜鹿児島県薩摩地方(指宿市付近)の地震活動 7月11日〜15日 40km以浅
 震央分布図 断面図、D-T図 M-T図、時空間分布図
 鹿児島湾(鹿児島市喜入町沖)〜鹿児島県薩摩地方(指宿市付近)の地震活動 2015年8月18日〜2017年8月17日
 40km以浅 震央分布図、時空間分布図、M-T・N-T重ね図、D-T図




 2017年7月1日〜8月17日 40km以浅 時空間分布図

●参考資料
 wikipediaより 阿多カルデラ
 産総研 地質図Navi 20万分の1地質図幅を編集 阿多カルデラ付近の地質図

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


大隅半島東方沖でM5.7の地震発生(2017年4月29日)
琉球海溝から沈み込むフィリピン海プレートのスラブ内で発生した地震と推測されます。
●気象庁 震度分布図(福岡管区)・速報値(M4.5以上)
 大隅半島東方沖 4月29日21時32分頃 D約50km M5.7 最大震度3(宮崎県3点、鹿児島県22点)
 大隅半島東方沖 4月30日05時23分頃 D約40km M4.7 最大震度2(宮崎県2点、鹿児島県4点)
●発震機構解(M4.5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 4月29日21時32分頃 D約50km M5.7 気象庁(速報値・CMT解国内) D22km Mw5.7 ※西北西−東南東張力軸・正断層型
 4月30日05時23分頃 D約40km M4.7 F-net D56km Mw4.9 ※西南西−東北東中立軸(北北西側低下ほぼ垂直/北北西−南南東走向北北東方向すべり低角節面)
●防災科研 最近の大きな地震(M5以上)
 4月29日21時32分頃 D約50km M5.7 D47.6km M5.6
●防災科研 AQUAシステム(M4.5以上)
 4月29日21時32分頃 D約50km M5.7 最大振幅分布図 振幅アニメーション
 4月30日05時23分頃 D約40km M4.7 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形 4月29日21時台 4月30日5時台
●地震活動図
 4月5日〜5月4日 D100km以浅の震央分布図・断面図(西北西−東南東・南南西−北北東)・M-T図


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


南西諸島の地震活動(2017年3月12日〜最新8月16日)
●気象庁 震度分布図(全国)・速報値(M5以上)
 薩摩半島西方沖 3月12日03時49分頃 D約140km M5.1 最大震度3(鹿児島県4点)※スラブ内・稍深発地震
 沖縄本島近海  3月25日01時43分頃 D約90km M5.1 最大震度3(沖縄県32点)※スラブ内・稍深発地震
 宮古島近海   5月09日10時54分頃 D約10km M6.4 最大震度3(宮古島5点)※スラブ内または島弧地殻内
 宮古島近海   5月09日11時06分頃 D約10km M5.0 最大震度1(宮古島2点)※スラブ内または島弧地殻内
 宮古島北西沖  5月10日04時16分頃 D約110km M5.0 最大震度2(宮古島1点)※スラブ内・稍深発地震
 奄美大島近海  5月15日16時05分頃 D約10km M5.3 最大震度2(奄美大島3点)※スラブ内またはプレート境界
 宮古島近海   6月03日02時26分頃 D約10km M5.4 最大震度1(宮古島8点)※島弧地殻内
 宮古島北西沖  6月30日23時04分頃 D約90km M5.0 最大震度3(宮古島1点)※スラブ内・稍深発地震
 奄美大島近海  7月26日19時33分頃 D約10km M5.6 最大震度2(鹿児島県島しょ部6点、沖縄県7点)※琉球海溝軸付近のスラブ内
 西表島付近   8月04日20時19分頃 D約60km M5.3 最大震度3(石垣島1点、与那国島1点、西表島2点)※スラブ内
 沖縄本島近海  8月08日14時49分頃 D約20km M5.0 最大震度3(渡名喜島1点、久米島1点)※島弧地殻内
 種子島南東沖  8月13日03時23分頃 D約30km M5.1 最大震度2(鹿児島県6点)※スラブ内またはプレート境界
 奄美大島北西沖 8月16日21時51分頃 D約180km M5.7 最大震度2(鹿児島県島しょ部7点、沖縄県9点)※スラブ内
●発震機構解(M5以上・参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 薩摩半島西方沖 3月12日03時49分頃 D約140km M5.1 気象庁(速報値・CMT解国内) D133km Mw5.3 ※北西−南東圧力軸・逆断層型(北西側上昇低角/南東側上昇高角)
 沖縄本島近海  3月25日01時43分頃 D約90km M5.1 気象庁(速報値・CMT解国内) D95km Mw5.1 ※西−東張力軸・正断層型(中立軸南傾斜の横ずれ成分含む)
 宮古島近海   5月09日10時54分頃 D約10km M6.4 気象庁(速報値・CMT解国内) D21km Mw6.1 ※北西−南東張力軸・横ずれ断層型
 宮古島北西沖  5月10日04時16分頃 D約110km M5.0 F-net D130km Mw5.1 ※西南西−東北東中立軸(北北西側上昇ほぼ垂直/上盤側北北西へほぼ水平)
 奄美大島近海  5月15日16時05分頃 D約10km M5.3 気象庁(速報値・CMT解国内) D12km Mw5.4 ※北西−南東張力軸・正断層型
 宮古島近海   6月03日02時26分頃 D約10km M5.4 気象庁(速報値・CMT解国内) D17km Mw5.1 ※南西−北東圧力軸・横ずれ断層型
 宮古島近海   6月30日23時04分頃 D約90km M5.0 気象庁(速報値・CMT解国内) D98km Mw5.2 ※西南西−東北東張力軸・横ずれ断層型(中立軸南東傾斜の正断層成分含む)
 奄美大島近海  7月26日19時33分頃 D約10km M5.6 気象庁(速報値・CMT解国内) D11km Mw5.9 ※西南西−東北東張力軸・正断層型
 西表島付近   8月04日20時19分頃 D約60km M5.3 気象庁(速報値・CMT解国内) D54km Mw5.2 ※南西−北東圧力軸・逆断層型(中立軸北西傾斜の横ずれ成分含む)
 沖縄本島近海  8月08日14時49分頃 D約20km M5.0 気象庁(速報値・CMT解国内) D10km Mw5.0 ※北西−南東圧力軸・逆断層型
 奄美大島北西沖 8月16日21時51分頃 D約180km M5.7 気象庁(速報値・CMT解国内) D199km Mw5.7 ※南西−北東張力軸・正断層型(中立軸東南東傾斜の横ずれ成分含む)
●防災科研 AQUAシステム(M5以上)
 薩摩半島西方沖 3月12日03時49分頃 D約140km M5.1 最大振幅分布図 振幅アニメーション
●防災科研 100トレース連続波形
 3月12日3時台 3月25日1時台 5月9日10時台 11時台 5月10日4時台 15日16時台 6月3日2時台 6月30日23時台
 7月26日19時台 8月4日20時台 8月8日14時台 8月13日3時台 8月16日21時台
●地震活動図
 2000年〜2017年3月12日に発生したD100km以深 M5.0以上の地震(気象庁一元化震源)
 震央分布図 南西−北東断面の時空間分布図

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


石垣島近海(南方沖)での深部低周波地震活動(2017年8月17日)
(2017.8.19記)
石垣島近海(南方沖)で8月17日7時台〜8時台に活発な深部低周波地震活動が発生し、気象庁一元化震源に
M1.4〜M1.6の規模の大きい5回の深部低周波地震が記録されています。石垣島近海(南方沖)での深部低周波
地震は気象庁一元化震源には2000年以降では過去に2005年12月2日に1回記録されているのみです。
石垣島近海(南方沖)での深部低周波地震は琉球海溝から沈み込むフィリピン海プレートと琉球弧の島弧地殻
との境界で発生しており、より浅部の固着の弱いプレート境界及び分岐スラストでの発生が推定されている
1771年 八重山地震のような津波地震との関連が指摘されています。
●気象庁 沖縄県 西表島船浮観測点連続波形 8月17日7時台 8時台
●参考資料
 JAMSTEC 琉球海溝南部におけるプレート境界断層とプレート境界で発生する低周波地震を観測―巨大津波発生域の沈み込み構造を特定―(2016年7月22日)
●地震活動図
 2000年以降(2005年12月2日及び2017年8月17日)の深部低周波地震の震央分布図


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動



【国内の火山活動】※地域順

・雌阿寒岳で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年6月29日・30日)
・十勝岳で火山性微動発生(2017年2月24日〜最新6月12日)
・十勝岳で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年5月11日)
・十和田湖で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年6月8日)
・秋田焼山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年5月5日)
・岩手山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年5月29日〜最新7月30日)
・秋田駒ヶ岳で火山性地震が増加(2017年5月28日・9月14日) New!
・蔵王山で火山性微動発生(2017年4月1日・3日)
・蔵王山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年4月23日)
・磐梯山で火山性地震が増加(2017年8月27日)
・浅間山で火山ガスが増加(2017年1月)
・西館山〜志賀山で有感地震発生(2017年5月27日・30日)
・白馬大池火山で有感の火山性地震発生(2017年5月19日)
・鷲羽・雲ノ平火山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年9月11日) New!
・焼岳で空振を伴う火山性地震発生(2017年8月10日)
・焼岳で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年1月5日)
・白山で火山性地震が増加(2017年3月17日)
・富士山で有感の火山性地震発生(2017年2月19日)
・富士山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年1月1日〜最新8月30日)
・箱根山で有感の火山性地震発生(2017年4月3日)
・伊豆大島で有感の火山性地震発生(2017年3月14日〜最新6月26日)
・ベヨネース列岩(明神礁)で海水の変色を確認(2017年3月24日〜25日)
・西之島で噴火再開〜再停止(2017年4月18日〜8月)
・阿蘇山中岳で火山ガスが増加(2017年5月)
・阿蘇山中岳付近で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年7月24日)
・霧島山新燃岳付近で火山性地震が増加(2017年3月13日〜15日)
・霧島山硫黄山付近で火山性地震が増加(2017年9月5日) New!
・霧島山硫黄山付近で振幅の大きい火山性地震発生(2017年9月5日) New!
・霧島山硫黄山で山側隆起の傾斜変動・噴出物確認(2017年4月25日〜8月中旬)
・霧島山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年7月17日・最新9月15日) New!
・桜島南岳山頂火口で噴火発生(2017年3月25日〜最新5月17日)
・桜島昭和火口で噴火発生(2017年4月26日〜最新9月20日) New!
・桜島で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年2月14日〜最新5月28日)
・桜島でM2.4の深部低周波地震が発生(2017年2月14日)
・桜島でM2.6の深部低周波地震が発生(2017年5月28日)
・薩摩硫黄島で火山性地震が増加(2017年1月1日〜5日)
・中之島で有感の火山性地震発生(2017年6月14日)
・諏訪之瀬島御岳火口で噴火発生(2017年1月5日〜最新9月6日) New!
・諏訪之瀬島東方〜南方沖で有感地震発生(2017年3月14日〜最新4月14日)
・トカラ列島宝島付近で有感地震発生(2017年3月4日〜最新9月10日) New!
・奄美大島北西沖(第1奄美海丘北西)で有感地震発生(2017年6月29日〜最新7月8日)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動

雌阿寒岳で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年6月29日・30日)
(2017.7.1記)
雌阿寒岳で6月29日に23回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。雌阿寒岳での深部低周波地震
が気象庁一元化震源に1日に20回以上記録されたのは2016年3月13日の21回以来です。
●雌阿寒岳での深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 6月29日23回(6時間帯)、30日32回(12時間帯)
●気象庁 雌阿寒岳 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 雌阿寒岳 概要 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


十勝岳で火山性微動発生(2017年2月24日〜最新6月12日)
十勝岳で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年5月11日)
(2017.5.14記)
十勝岳で5月11日に5回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。十勝岳での深部低周波地震
が気象庁一元化震源に1日に5回以上記録されたのは2011年11月17日の7回以来です。
●十勝岳で気象庁により火山性微動が記録された日時・回数(継続時間)
 2月24日11時3分1回、6月12日1回
●十勝岳での深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 5月11日5回(連続2回+3回)
●気象庁 十勝岳 活動履歴等 観測点配置図
●防災科研 火山活動連続観測網 VIVA ver.2 十勝岳 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 十勝岳火山群 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


十和田湖で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年6月8日)
(2017.6.11記)
十和田湖で6月8日に5回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。十和田湖での深部低周波
地震が気象庁一元化震源に記録されたのは2000年以降としては60回目〜64回目で2016年11月13日以来、今回
の5回は2007年8月10日の5回と並ぶ1日の最多発生数記録です。
●十和田湖で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 6月8日5回(連続5回)
●気象庁 十和田 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 十和田 概要 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


秋田焼山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年5月5日)
(2017.5.7記)
秋田焼山で5月5日に9回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。秋田焼山での深部低周波
地震が気象庁一元化震源に1日に5回以上記録されたのは2000年以降としては初めてです。これまでの最多記録
は2002年11月10日と2012年6月1日の4回でした。
●秋田焼山で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 5月5日9回(連続2回+1回+1回+1回+連続2回+連続2回)
●気象庁 秋田焼山 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 秋田焼山 概要 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


岩手山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年5月29日〜最新7月30日)
(2017.5.31記)
岩手山で5月29日に7回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。岩手山での深部低周波
地震が気象庁一元化震源に1日に5回以上記録されたのは2000年以降としては2013年4月12日の7回以来です。
(2017.8.1更新)
岩手山での7月30日10時51分台〜55分台の火山性地震と火山性微動の重畳した状態と推測した波形は、気象庁
一元化震源に9回の深部低周波地震(気象庁 岩手山のページでは火山性地震)として記録されていました。
岩手山での深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日に9回以上記録されたのは2008年12月9日の11回以来です。
7月30日10時51分台〜55分台に記録された9回の深部低周波地震はD8.8km〜11.4kmで岩手山東側山腹地下の
浅いクラスタでの発生でした。2000年以降に一元化震源に記録された深部低周波地震でD10km以浅は199回で、
うち岩手山で119回(約60%)が記録されています。
●岩手山で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 5月29日7回(連続7回)、7月30日9回(連続9回)
●7月30日10時51分台〜55分台の深部低周波地震活動
 気象庁 岩手馬返し2観測点連続波形データをwin2にて表示

 気象庁一元化震源による震央分布図・断面図

●気象庁 岩手山 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 岩手山 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


秋田駒ヶ岳で火山性地震が増加(2017年5月28日・9月14日)
(2017.5.29記)
気象庁 秋田駒ヶ岳の火山活動解説資料(5月28日13時00分発表)によると5月28日7時台に火山性地震を21回
観測(速報値)したが、火山性微動は観測されず、地殻変動に変化見られずとのことです。
(2017.9.14記)
気象庁 秋田駒ヶ岳の火山活動解説資料(9月14日18時00分発表)によると9月14日8時〜16時台にかけて
男女岳(おなめだけ)北西約1km付近のD約1〜3kmで225回(速報値)の火山性地震を観測。最大規模は9時44分
のM1.2(暫定値)。火山性微動は観測されず、地殻変動、噴気活動に変化は見られずとのことです。
また、2003年6月9日の観測開始以降の最多日別地震回数であった2003年6月10日の75回を今回更新した
とのことです。
(2017.9.15記)
気象庁 秋田駒ヶ岳の火山活動解説資料(9月15日17時45分発表)によると、現地調査の結果8月2日〜4日及び
9月5日〜7日と比較して、女岳の山頂北部、北斜面、北東斜面及び南東火口の地熱域や噴気の状況に特段の
変化はなく、女岳山頂の地熱温度(深さ50cm)は81度で9月6日の90度と比較して大きな変化なしとのことです。
●気象庁 秋田駒ヶ岳の火山活動解説資料
 5月28日13時00分※火山性地震増加
 9月14日18時00分※火山性地震増加 9月15日17時45分※現地調査結果
●気象庁 秋駒八合目駐車場観測点連続波形 24時間表示
 5月28日 9月14日
●気象庁 秋田駒ヶ岳 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 秋田駒ヶ岳 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


蔵王山で火山性微動発生(2017年4月1日・3日)
蔵王山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年4月23日)
(2017.4.25記)
蔵王山で4月23日に6回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。蔵王山での深部低周波地震
が気象庁一元化震源に1日に5回以上記録されたのは2016年12月26日の5回以来で、1日に6回は2000年以降と
しては最多記録です。
●蔵王山で気象庁により火山性微動が記録された日時(継続時間・上下成分最大振幅)
 4月1日1回、4月3日1回
●蔵王山で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 4月23日6回(連続6回)
●気象庁 蔵王山 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 蔵王山 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


磐梯山で火山性地震が増加(2017年8月27日)
(2017.8.27記)
気象庁磐梯山の火山活動解説資料(8月27日12時00分発表)によると27日6時〜8時にかけて火山性地震を62回
観測。日別で50回を超えたのは2016年6月10日の53回以来。震源は山頂付近のD約1〜2km 最大M0.5(速報値)
とのことです。
●気象庁磐梯山の火山活動解説資料
 8月27日12時00分※火山性地震増加
●気象庁 磐梯磐南観測点連続波形 24時間表示
●気象庁 磐梯山 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 磐梯山 概要 1万年噴火イベント 写真集
 8月17日

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


浅間山で火山ガスが増加(2017年1月)
(2017.1.19記)
気象庁浅間山の火山活動解説資料(1月18日18時30分発表)によると1月11日、13日、18日の現地調査で、
二酸化硫黄放出量が日当り1000tを超え、18日は3600tを記録。3000tを超えたのは2015年6月25日以来との
ことです。
●気象庁浅間山の火山活動解説資料
 1月18日18時30分※火山ガス増加
●気象庁 浅間山 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 浅間山 概要 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


西館山〜志賀山で有感地震発生(2017年5月27日・30日)
●気象庁 震度分布図(東京管区)・速報値
 長野県北部 5月27日18時16分頃 D約20km M2.5 最大震度2(長野県1点)
 長野県北部 5月27日18時48分頃 D約10km M1.9 最大震度1(長野県1点)
 長野県北部 5月27日20時59分頃 D約10km M3.9 最大震度3(長野県3点)
 長野県北部 5月27日21時00分頃 D約20km M2.8 最大震度1(長野県1点)
 長野県北部 5月27日21時01分頃 D約10km M2.0 最大震度1(長野県1点)
 長野県北部 5月27日22時07分頃 D約10km M3.1 最大震度1(長野県10点)
 長野県北部 5月27日22時11分頃 D約10km M2.4 最大震度1(長野県1点)
 長野県北部 5月30日15時44分頃 D約10km M2.4 最大震度1(長野県1点)
●地震活動図
 5月27日〜6月10日の震央分布図・断面図(北西−南東) M-T図
●産総研 第四紀火山データベース 志賀 概要 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


白馬大池火山で有感の火山性地震発生(2017年5月19日)
●気象庁 震度分布図(長野県)・速報値
 長野県北部 5月19日19時13分頃 D約10km M2.6 最大震度1(長野県3点)
●産総研 第四紀火山データベース 白馬大池 概要 写真集
 地質陰影図 鳥瞰図(東北東→西南西20度) 鳥瞰図(南西→北東25度)
 産総研 地域地質研究報告 白馬岳地域の地質(2002)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


鷲羽・雲ノ平火山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年9月11日)
(2017.9.16記)
鷲羽・雲ノ平火山で9月11日に7回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。
鷲羽・雲ノ平火山での深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されたのは2000年以降としては59回目
〜65回目で2016年10月22日以来、今回の7回は最多だった2013年6月2日の3回を更新しました。
●鷲羽・雲ノ平火山で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 9月11日7回(連続3回+連続4回)
●産総研 第四紀火山データベース 鷲羽・雲ノ平 概要 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


焼岳で空振を伴う火山性地震発生(2017年8月10日)
焼岳で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年1月5日)
(2017.1.7記)
焼岳で1月5日に5回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。焼岳での深部低周波地震
が気象庁一元化震源に日5回以上記録されたのは2016年8月20日の8回以来です。
(2017.8.13更新)
気象庁によると、8月9日23時50分頃〜10日2時頃にかけて空振を伴う地震を6回観測し、この時間帯に山頂
の西側およそ400m付近の山腹で100m程度まで上がる白色の噴気を確認とのことです。なお、8月11日に実施
した現地調査の結果、10日に噴気が確認された火口及びその周辺で噴気、明瞭な地熱域、地形の変化や噴出物
は確認されずとのことです。焼岳で8月9日23時台〜10日1時台に記録された6回の空振を伴う火山性地震は波形
の特徴からBL型地震と推測されますが、1回目の9日23時53分の地震には先行相的な波形が見られ、この部分
は気象庁一元化震源に深部低周波地震として記録されています。他の5回には先行相的な波形は見られず、
深部低周波地震としても通常の地震としても記録されていないことから、浅部での低周波地震と判定された
と推測されます。1回目の後続波形について塩井が震源計算を行った結果、焼岳の東側山腹にD-1km M0.5と
もとまり、1回目の後続波形も同様に浅部での低周波地震と推測されます。また、焼岳の南東側の境峠断層
北端部付近では気象庁一元化震源に9日11時台〜14時台に14回、6回の空振を伴う地震発生時間帯の10日0時台
〜1時台に2回の通常の地震が記録されていることも注目されます。
●気象庁 焼岳の火山活動解説資料
 8月10日10時35分発表 ※空振を伴う火山性地震発生
 8月11日17時00分発表 ※現地調査結果
●焼岳で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 1月5日5回(連続5回)
●焼岳での深部低周波地震波形
 防災科研 岐阜県 神岡観測点連続波形 1月5日9時台※34分〜35分の波形
●気象庁 焼岳中尾観測点連続波形 24時間表示 8月9日
●焼岳での空振を伴う8月9日23時53分の火山性地震の波形
 気象庁 焼岳中尾観測点連続波形データをwin2にて表示

●焼岳付近での8月9日〜10日の地震活動図
 境峠断層のトレース、新たな噴気発生箇所、1995年の中ノ湯水蒸気爆発発生箇所を示す


●気象庁 焼岳 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 焼岳 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


白山で火山性地震が増加(2017年3月17日)
●気象庁 白山 火山の状況に関する解説情報
 3月18日11時00分※火山性地震増加(3月17日)
●気象庁 白山中飯場観測点連続波形 24時間表示
 3月17日
●気象庁 白山 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 白山 概要 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


富士山で有感の火山性地震発生(2017年2月19日)
富士山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年1月1日〜最新8月30日)
(2017.8.13記)
富士山で8月10日に20回の深部低周波地震が気象庁一元化震源に記録されています。富士山での深部低周波地震
が気象庁一元化震源に日20回以上記録されたのは2001年4月30日の25回以来です。2000年以降では2000年11月12日
の39回が最多、次が2001年4月30日の25回で今回の20回は3番目の記録です。
●気象庁 震度分布図(山梨県)・速報値
  2月19日14時51分頃 山梨県東部・富士五湖 D約10km M2.2 最大震度1(鳴沢村役場)
●富士山で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 1月1日7回(連続7回)、3月8日14回(連続4回+連続2回+連続9回)※2013年7月9日17回以来
 3月14日5回(連続5回)、4月12日5回(連続5回)、21日5回(連続2回+連続3回)、6月7日9回(連続9回)
 8月10日20回(連続20回)、30日7回(連続6回+1回)
●防災科研 富士第6観測点連続波形
 1月1日16時台※27分〜28分の波形 6月7日7時台※8分〜23分の波形 8月10日1時台※37分〜53分の波形
●気象庁 富士山 活動履歴等 観測点配置図
●防災科研 火山活動連続観測網 VIVA ver.2 富士山 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 富士山 概要 写真集
●参考資料
 千葉達朗さんの赤色立体地図weblogより 雁ノ穴火口(2014年8月1日)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


箱根山で有感の火山性地震発生(2017年4月3日)
●気象庁 震度分布図(神奈川県)・速報値
 静岡県東部 4月03日22時19分頃 Dごく浅い M2.5 最大震度2(南足柄市1点)
●箱根山での通常の地震と深部低周波地震の日発生数/箱根山噴火と裾野2−小田原基線長変動(最新)

●気象庁 箱根山 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 箱根山 概要 1万年噴火イベント 写真集
●神奈川県 温地研 TOPページ 観測点配置図 震源分布 地殻変動

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


伊豆大島で有感の火山性地震発生(2017年3月14日〜最新6月26日)
●気象庁 震度分布図(伊豆諸島)・速報値
 伊豆大島近海 3月14日19時19分頃 Dごく浅い M2.4 最大震度1(伊豆大島2点)
 伊豆大島近海 4月09日18時09分頃 Dごく浅い M2.5 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 4月10日00時52分頃 Dごく浅い M2.2 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 4月10日00時58分頃 Dごく浅い M2.4 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 4月10日03時39分頃 Dごく浅い M2.2 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 4月11日21時54分頃 Dごく浅い M1.7 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 5月09日13時22分頃 Dごく浅い M2.1 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 5月09日23時28分頃 Dごく浅い M1.4 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 5月15日01時44分頃 Dごく浅い M1.9 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 5月22日18時43分頃 Dごく浅い M2.8 最大震度2(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月12日05時28分頃 Dごく浅い M2.8 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月12日05時43分頃 Dごく浅い M2.9 最大震度2(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月12日06時16分頃 Dごく浅い M2.3 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月12日07時40分頃 Dごく浅い M2.4 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月12日20時39分頃 Dごく浅い M3.0 最大震度2(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月13日05時29分頃 D約10km  M2.4 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月13日14時01分頃 Dごく浅い M2.0 最大震度1(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月13日19時41分頃 Dごく浅い M3.0 最大震度2(伊豆大島1点)
 伊豆大島近海 6月23日21時06分頃 Dごく浅い M2.6 最大震度1(伊豆大島2点)
 伊豆大島近海 6月25日21時49分頃 Dごく浅い M2.6 最大震度1(伊豆大島2点)
 伊豆大島近海 6月26日07時43分頃 Dごく浅い M2.2 最大震度1(伊豆大島1点)
●防災科研 VIVA ver.2 伊豆大島 過去1週間の傾斜変動グラフ
 4月4日〜11日の傾斜変動グラフ ※4月9日〜11日に火山性地震活発化
●気象庁 伊豆大島 活動履歴等 観測点配置図
●防災科研 火山活動連続観測網 VIVA ver.2 伊豆大島 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 伊豆大島 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


ベヨネース列岩(明神礁)で海水の変色を確認(2017年3月24日〜25日)
(2017.4.8更新)
気象庁によると、ベヨネース列岩(明神礁付近)で海上保安庁が3月24日に上空より海面の変色を確認し、
小規模な海底噴火の可能性として24日15時に噴火警報を発表、25日にも変色水を確認(約1時間後にほぼ消失)
しましたが両日とも浮遊物は確認されず。明神礁付近での変色水確認は1988年以来とのことです。
また、後日の精査で3月14日にもごく薄い変色水が確認され、4月3日・4日には変色水は確認されなかった
とのことです。
●気象庁 ベヨネース列岩 噴火警報(周辺海域)(3月24日15時発表)
●気象庁 ベヨネース列岩(明神礁)の火山活動解説資料 3月28日14時00分発表
●気象庁週間火山概況 3月31日〜4月6日 ※3月24日・25日以外の変色水確認状況
●海上保安庁
 明神礁付近の海水面に変色水と気泡を確認(ベヨネース列岩東北東10km)(5月2日)
 明神礁の状況について(7月11日観測・14日発表)
●気象庁 ベヨネース列岩
●海上保安庁 海域火山データベース 明神礁・ベヨネーズ列岩

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


西之島で噴火再開〜再停止(2017年4月18日〜8月)
(2017.4.22記)
気象庁によると、2013年11月〜2015年11月まで継続して停止状態だった西之島の噴火活動が4月20日に
海上保安庁によって再開していることが確認されました。東大地震研による空振及び地震活動の解析から
噴火は4月18日に始まったと推測されています。また21日の海上保安庁による上空観測では火口で数十秒
おきに噴火が発生して灰色の噴煙が1000mの高さまで上がり、火口に溶岩がたまっているほか火口付近の
斜面など複数の場所から溶岩が流出しているとのことです。
(2017.4.25記)
気象庁によると、ひまわり8号の中心波長3.9μm帯による観測で4月20日〜25日は輝度温度の高い状態が継続、
ALOS-2/PALSAR-2による観測から火災丘及び西側の領域に噴火活動に伴う噴出物に対応すると推定される地形
変化、火砕丘を中心に沈降する傾向の地殻変動がみられるとのことです。
(2017.8.29記)
海上保安庁によると8月11日及び24日の上空観測で両日とも火砕丘中央の噴火口からの噴火は確認できず、
溶岩流西岸流入先端の白色蒸気と高温部は11日は確認されたが、24日には確認できず流入は止まったと考え
られるとのことです。
●気象庁 西之島 噴火警報(火口周辺)(4月20日16時25分発表)
●気象庁 西之島の火山活動解説資料
 4月20日21時55分発表※噴火再開
 4月25日18時45分発表※地形変化・地殻変動
●気象研究所 報道発表資料
 気象庁海洋気象観測船「啓風丸」で観測された西之島の火山活動(6月19日発表)
●東大地震研 2013年11月21日西之島の噴火活動 ※4月18日の噴火再開前後のデータ掲載
●海上保安庁
 西之島の噴火について〜溶岩流が2ヶ所で海に到達〜(4月27日観測・28日発表)
 西之島の噴火について(5月24日観測・26日発表)
 西之島の噴火について(6月6日観測・9日発表)
 西之島の噴火について(6月29日観測・7月5日発表)
 西之島の噴火について(7月11日観測・14日発表)
 西之島の噴火について(8月11日及び24日観測)※噴火停止・溶岩流出停止
●西之島噴火※( )内は火口上噴煙高
 ※気象庁 噴火に関する火山観測報より
 6月30日噴火1回(2000m)
●NICT ひまわり8号リアルタイムWeb画像より
 4月20日18時00分のバンド7(3.9μm)短波長赤外画像 ※赤矢印の先に暗い点状が西之島

 6月30日17時30分の可視カラー合成画像

●気象庁 西之島
●海上保安庁 海域火山データベース 西之島
●産総研 第四紀火山データベース 西之島 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


阿蘇山中岳で火山ガスが増加(2017年5月)
阿蘇山中岳付近で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年7月24日)
●気象庁 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時)
 5月1日19時00分※現地調査結果(5月1日)火山性ガス増加
 5月5日16時00分※現地調査結果(5月4日)火山性ガス増加継続
 5月8日17時15分※現地調査結果(5月8日)火山性ガス減少
●京大 火山研究センター 砂千里観測点の地震波形
 各種波形一覧 準リアルタイム振幅 約1時間前からの連続波形
 各期間での振幅変化 昨日1日間 過去10日間 過去30日間 過去60日間
●地理院 阿蘇山周辺のGNSS連続観測結果
●阿蘇山中岳付近で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 7月24日7回(連続4回+3回)
●気象庁 阿蘇山 活動履歴等 観測点配置図
●防災科研 火山活動連続観測網 VIVA ver.2 阿蘇山 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 阿蘇山 概要 詳細情報 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


霧島山新燃岳付近で火山性地震が増加(2017年3月13日〜15日)
霧島山硫黄山付近で火山性地震が増加(2017年9月5日)
霧島山硫黄山付近で振幅の大きい火山性地震発生(2017年9月5日)
霧島山硫黄山で山側隆起の傾斜変動・噴出物確認(2017年4月25日〜8月中旬)
霧島山で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年7月17日・9月15日)
(2017.3.16記)
気象庁 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報(3月15日16時20分発表)によると3月13日と14日に
火山性地震が1日あたり30回を超え15日も16日までに17回観測。1日あたり30回以上は2016年2月24日の
52回以来。火山性微動は観測されず、傾斜データ、遠望観測による噴気も特段の変化は見られずとの
ことです。
(2017.4.27更新)
気象庁 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)火山の状況に関する解説情報(臨時)(4月25日・26日・27日)に
よると、4月25日昼頃から硫黄山南西観測点の傾斜計で硫黄山方向が隆起する傾斜変動がみられ、その他
の傾斜計には特段の変化はみられず、火山性地震は少ない状態で火山性微動はみられずとのことです。
この傾斜変動は25日22時頃からは次第に鈍化も、26日18時頃から再開し27日5時頃から停滞しているとの
ことです。また、27日の気象庁の現地調査によると硫黄山の火口周辺で引き続き噴気活動や大きな噴気音
が認められ、18日の観測と比較して硫黄山西側の熱以上域が拡大し噴気の量が増加しているとのことです。
(2017.5.11記)
気象庁 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山活動解説資料(5月9日)によると硫黄山方向が隆起する
傾斜変動は5月9日時点で繰り返し発生し隆起傾向が継続しているとのことで、東京大学地震研究所が5月
8日に実施した現地調査で硫黄山火口内南西側に灰白色の噴出物を確認したとのことです。
(2017.7.19記)
霧島山で7月17日に気象庁一元化震源に10回の深部低周波地震が記録されました。霧島山での深部低周波地震
が気象庁一元化震源に1日で10回以上記録されたのは2015年1月3日以来です。
(2017.9.5記)
気象庁 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山活動解説資料(9月5日)によると5日13時29分に硫黄山付近
を震源とする振幅の大きな火山性地震が発生、発生に伴い硫黄山方向隆起の傾斜変動あり、火山性微動なし
とのことで、13時台には50回の火山性地震が記録され1日に50回以上は2016年12月12日以来とのことです。
また、現地調査及び監視カメラの観測では噴気の活動に特段の変化はみられずとのことです。
●気象庁 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報
 3月15日16時20分※火山性地震増加(3月13日〜15日)
●気象庁 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺) 火山の状況に関する解説情報(臨時)
 4月25日19時20分※硫黄山方向が隆起する傾斜変動(4月25日)
 4月26日16時00分※傾斜変動鈍化(4月25日夜)
 4月27日17時00分※傾斜変動再発後鈍化(4月26日〜27日)、熱異常域拡大・噴気増加
 気象庁 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火山活動解説資料
 4月28日16時30分※傾斜変動グラフ、地表面温度分布映像
 5月09日20時50分※噴出物画像、傾斜変動グラフ
 5月12日11時40分※地表面温度分布映像、傾斜変動グラフ
 9月05日18時30分※振幅の大きい火山性地震発生、火山性地震増加
●霧島山で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 7月17日10回(連続7回+3回)、9月12日8回(連続8回)、15日5回(連続5回)
●気象庁 霧島新燃岳南西観測点連続波形 24時間表示
 3月13日 14日 15日 ※新燃岳で火山性地震増加
●防災科研 霧島山万膳観測点連続波形 24時間表示
 9月5日 ※硫黄山振幅の大きい火山性地震発生、火山性地震増加
●気象庁 火山カメラ 霧島山(硫黄山南)画像より
 4月27日16時16分〜21時27分の動画 7月29日5時44分〜6時22分の動画
 7月31日22時35分〜23時15分の動画

●気象庁 霧島山 活動履歴等 観測点配置図
●防災科研 火山活動連続観測網 VIVA ver.2 霧島山 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 霧島山 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


桜島南岳山頂火口で噴火発生(2017年3月25日〜最新5月17日)
桜島昭和火口で噴火発生(2017年4月26日〜最新9月20日)
桜島で1日に5回以上の深部低周波地震を記録(2017年2月14日〜最新5月28日)
桜島でM2.4の深部低周波地震が発生(2017年2月14日)
桜島でM2.6の深部低周波地震が発生(2017年5月28日)
(2017.2.14記)
桜島で2月14日10時36分〜39分の間に気象庁一元化震源にM1.0〜M2.4の規模の大きい5回の深部低周波地震
が記録されました。桜島での深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日で5回以上記録されたのは2014年2月15日
の6回以来です。また、桜島で2000年以降に記録された深部低周波地震でこれまでの最大規模は2005年6月25日
のM2.1で、今回のM2.4は最大規模を更新しました。なお、気象庁一元化震源に2000年以降に記録された
深部低周波地震の最大の地震は2008年6月14日の岩手・宮城内陸地震発生1日後に余震域で発生したM2.7で、
今回の桜島でのM2.4はこの地震に次ぐ規模、火山関連の最大の深部低周波地震は2016年10月29日の三宅島
でのM2.3で、今回のM2.4は最大規模を更新しました。今回の一連の活動は防災科研 100トレース連続波形
にも明瞭に記録されており中国地方西部まで確認できます。
(2017.3.25記)
気象庁によると桜島南岳山頂火口で3月25日18時3分に2016年7月26日の昭和火口での噴火以来の噴火が記録
され、2016年6月3日以来の火砕流が南側に1100m流下したとのことです。
(2017.4.26記)
気象庁によると桜島昭和火口で4月26日5時11分及び5時37分に2016年7月26日以来の噴火が記録されています。
(2017.5.31記)
桜島で5月28日7時28分〜29分の間に気象庁一元化震源にM2.2・M2.6・M2.3の規模の大きい深部低周波地震
が記録されました。また、28日にはこの3回を含め5回の深部低周波地震が記録されました。桜島での深部
低周波地震が気象庁一元化震源に1日で5回以上記録されたのは2月14日の5回以来です。また、桜島で2000年
以降に記録された深部低周波地震でこれまでの最大規模は2月14日のM2.4で、今回のM2.6は最大規模を更新
しました。なお、気象庁一元化震源に2000年以降に記録された深部低周波地震の最大の地震は2008年6月14日
の岩手・宮城内陸地震発生1日後に余震域で発生したM2.7で、今回の桜島でのM2.6はこの地震に次ぐ規模で
火山関連の最大規模を更新しました。今回の一連の活動は防災科研 100トレース連続波形にも明瞭に記録
されており中国地方東部まで確認できます。
●気象庁 桜島 火山の状況に関する解説情報
 3月25日18時40分※南岳山頂火口噴火発生(18時3分)
●産総研地質調査総合センター 噴出物の構成粒子の特徴
 3月25日南岳噴出物(3月31日) 4月4日南岳噴出物(4月10日) ※4月4日には3月25日より本質物増加
 4月26日昭和火口噴出物(4月28日) 4月27日〜29日昭和火口噴出物(5月10日) ※期間中山体構成物由来の噴出物減少
 5月2日昭和火口噴出物(5月19日) ※山体構成物由来の噴出物増加(比較的規模の大きい噴火のためと推測)
 5月17日南岳火口・昭和火口噴出物(5月26日) ※いずれの火口からも本質物の含有率は3〜4割程度で昭和火口では5月2日と比較して減少
 6月1日昭和火口噴出物(6月7日) ※本質物が増加(新たなマグマの供給と火口の拡大継続と推定)
●桜島南岳山頂火口噴火・爆発※[ ]内は爆発の年内連番、( )内は火口上最大噴煙高
 ※気象庁 噴火に関する火山観測報・火山の状況に関する解説情報より(ごく小規模は除く)
 3月25日噴火2回(1400)1回目火砕流1100m・連続噴火約1時間、4月4日噴火1回(1200)、28日噴火1回(1800)
 5月5日噴火1回(2500で雲に入る)、17日噴火1回(1100)
●桜島昭和火口噴火・爆発※( )内は火口上最大噴煙高
 ※気象庁 噴火に関する火山観測報・火山の状況に関する解説情報より
 4月26日噴火2回(1700)、27日噴火2回(2000)、28日噴火5回(2100)・爆発2回[1-2](3200)、29日噴火6回(2800)
 4月30日噴火2回(1400)、5月1日噴火1回(1000)、2日噴火5回(4000)1回目連続1時間10分、3日噴火1回(2200で雲に入る)
 5月7日噴火1回(1200)爆発1回[3](3300)、12日爆発1回[4](700で雲に入る)、13日噴火1回(1300)、14日噴火2回(2300)
 5月15日噴火1回(1100)、16日噴火2回(2000)、17日噴火2回(3000)、18日噴火4回(2000)、21日噴火1回(1200)
 5月22日噴火1回(1200)、23日噴火1回(3300)、24日噴火5回(2000以上)、25日爆発6回[5-10](3000)、26日噴火1回(1000)
 5月27日噴火2回(1200)、28日噴火2回(3000)、29日噴火4回(3400)・爆発1回[11](500)、6月1日噴火2回(1200)・爆発1回[12](2300)
 6月2日噴火3回(3000以上)、4日噴火1回(1200)、6日噴火1回(1400)・爆発1回[13](3200)、8日噴火1回(1300)、10日噴火1回(1900)
 6月15日噴火1回(2400)、27日噴火2回(1000以上)、7月1日噴火2回(1100×2回)・爆発1回[14](1000)、2日噴火2回(1400)
 7月25日噴火2回(2000)、8月11日噴火7回(1700×2回)、12日噴火16回(1800×3回)、13日噴火9回(1800)
 8月14日噴火11回(1800×2回)・爆発1回[15](1400)、16日噴火8回(1500×2回)、17日噴火1回(1200)・爆発1回[16](700)
 8月18日噴火15回(1600)・爆発1回[17](500)、19日噴火7回(1700)、20日噴火1回(1400)、23日爆発4回[18-21](1200)
 8月24日爆発10回[22-31](1000)、25日爆発1回[32](不明)、26日爆発1回[33](600)、28日噴火1回(1400)・爆発1回[34](1400)
 9月1日噴火1回(2000)・爆発3回[35-37](2200)、2日爆発1回[38](1800)、3日噴火1回(2200)、4日噴火3回(1400)・爆発1回[39](700で雲に入る)
 9月5日噴火9回(1500)・爆発1回[40](1900)、6日噴火10回(1900)・爆発5回[41-45](2100)、7日爆発2回[46-47](不明)
 9月8日噴火14回(2100)・爆発10回[48-57](2200)、9日噴火21回(1800×2回)・爆発5回[58-62](2000)
 9月10日噴火4回(1600×2回)・爆発3回[63-65](1600)、11日噴火1回(1200)・爆発1回[66](不明)
 9月12日噴火3回(1800)・爆発3回[67-69](700×2回)、13日噴火12回(2400)、14日噴火3回(1500)、15日爆発1回[70](1200)
 9月18日噴火17回(1500)・爆発1回[71](1600)、19日噴火21回(1700)、20日噴火8回(1800×2回)
●桜島で深部低周波地震が気象庁一元化震源に1日5回以上記録された日
 2月14日5回(連続5回)、5月28日5回(連続4回+1回)
●桜島でのM2.0以上の深部低周波地震(気象庁一元化震源)
 2月14日10時37分 D25.5km M2.4、14日10時37分 D24.6km M2.1
 5月28日7時28分 D23.8km M2.2、28日7時29分 D26.8km M2.3、28日7時29分 D30.2km M2.6
●防災科研 100トレース連続波形
 2月14日10時台※深部低周波地震 5月28日7時台※深部低周波地震
●2月14日10時台の深部低周波地震活動の震央分布図・10時37分21秒〜39分51秒の連続波形


 5月28日の深部低周波地震活動の震央分布図・7時28分20秒〜31分00秒の連続波形


●気象庁 火山カメラ 桜島(牛根)画像より
 4月28日11時01分 有色噴煙火口上3200mの爆発(今年1回目・2016年7月26日以来)(気象庁) 28日11時00分〜20分の動画

 5月2日3時20分〜4時30分(連続) 有色噴煙火口上最大4000mの噴火(気象庁) 2日3時18分〜4時12分の動画

●気象庁 桜島 活動履歴等 観測点配置図
 火山の状況に関する解説情報の発表状況(別窓) 火山活動解説資料(月別)(別窓)
●気象庁 桜島噴火観測表
 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
●産総研 第四紀火山データベース 桜島 概要 詳細情報 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


薩摩硫黄島で火山性地震が増加(2017年1月1日〜5日)
(2017.1.5更新)
気象庁 薩摩硫黄島 火山の状況に関する解説情報によると1日から振幅の小さな火山性地震増加し、4日
49回観測。日当り30回を超えたのは2013年5月26日以来。火山性微動は観測されずとのことです。また
上空観測では火口付近雲のため噴煙未確認、山腹からは弱い噴気が2016年5月31日と比べ増加。熱異常域
は前回2011年12月19日と比べ拡大や高まり認められずとのことです。
●気象庁 薩摩硫黄島 火山の状況に関する解説情報
 1月4日14時45分(臨時)※火山性地震増加 1月5日11時45分※火山性地震増加継続
 1月5日16時0分※上空観測結果
●気象庁 薩摩硫黄島の火山活動解説資料
 1月5日12時30分※火山性地震増加 1月5日19時15分※上空観測結果
●気象庁 薩硫展望台東観測点連続波形 24時間表示
 1月1日 2日 3日 4日 5日
●気象庁 火山カメラ 薩摩硫黄島(岩ノ上)画像より
 7月29日5時34分〜6時10分の動画

●気象庁 薩摩硫黄島 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 鬼界 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集
●産総研 日本の活火山データベース 火山研究解説集 薩摩硫黄島の地震活動

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


中之島で有感の火山性地震発生(2017年6月14日)
●気象庁 震度分布図(奄美諸島)・速報値
 トカラ列島近海 6月14日22時21分頃 Dごく浅い M1.7 最大震度1(十島村1点)
●気象庁 中之島 活動履歴等
●産総研 第四紀火山データベース 中之島 概要 1万年噴火イベント 写真集

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


諏訪之瀬島御岳火口で噴火発生(2017年1月5日〜最新9月6日)
諏訪之瀬島東方〜南方沖で有感地震発生(2017年3月14日〜最新4月14日)
●気象庁 諏訪之瀬島 火山の状況に関する解説情報
 4月13日10時5分※地震増加(13日6時台〜)
 4月14日16時0分※地震減少(13日12時台〜)
●諏訪之瀬島御岳火口での爆発・噴火※( )内は最大噴煙高
 ※気象庁 噴火に関する火山観測報より
 1月5日噴火1回(1100)、26日噴火1回(1300)、2月9日爆発1回(700)、16日噴火1回(1100)、18日噴火1回(1000)
 2月27日爆発1回(不明)、28日爆発3回(800m×2回)、3月3日噴火1回(800で雲に入る)、4日噴火1回(1000)
 3月28日噴火1回(1200)、4月1日噴火2回(1200m×2回)、5月8日爆発1回(1300)、10日噴火1回(1200)・爆発1回(1900)
 7月2日噴火2回(1800m)(1回目連続66分)、17日噴火1回(2100)(連続13時間48分)、18日噴火1回(1300)〜19日(連続13時間56分)
 8月2日噴火1回(1700)、3日噴火(推定)1回(不明)噴火1回(1200)・爆発1回(2800)、19日爆発1回(不明)
 8月20日爆発1回(不明)、24日噴火2回(2300)(1回目連続3時間21分)、25日噴火1回(1600)、28日爆発1回(1200)
 8月29日噴火2回(2300)・爆発3回(1700)、30日爆発4回(不明)、31日爆発1回(不明)、9月1日爆発1回(不明)
 9月2日爆発1回(不明)、4日爆発1回(不明)、6日噴火1回(1100)・爆発1回(700)
●諏訪之瀬島東方〜南方沖での地震活動
 気象庁 震度分布図(奄美地方)・速報値
 トカラ列島近海 3月14日07時36分頃 D約20km  M2.7 最大震度1(十島村2点)
 トカラ列島近海 4月13日06時13分頃 D約10km  M2.7 最大震度1(十島村2点)
 トカラ列島近海 4月13日06時22分頃 Dごく浅い M2.8 最大震度1(十島村2点)
 トカラ列島近海 4月13日06時29分頃 D約10km  M2.6 最大震度2(十島村1点)
 トカラ列島近海 4月13日06時42分頃 Dごく浅い M3.5 最大震度3(十島村1点)
 トカラ列島近海 4月13日07時00分頃 Dごく浅い M2.9 最大震度2(十島村1点)
 トカラ列島近海 4月13日07時05分頃 Dごく浅い M2.8 最大震度2(十島村1点)
 トカラ列島近海 4月13日07時47分頃 D約20km  M3.1 最大震度2(十島村2点)
 トカラ列島近海 4月13日08時36分頃 D約10km  M2.7 最大震度1(十島村1点)
 トカラ列島近海 4月14日04時55分頃 D約10km  M2.8 最大震度1(十島村1点)
 トカラ列島近海 4月14日06時30分頃 D約10km  M2.8 最大震度1(十島村1点)
 トカラ列島近海 4月14日07時39分頃 D約10km  M3.0 最大震度1(十島村2点)
 トカラ列島近海 4月14日10時53分頃 D約10km  M3.2 最大震度1(十島村4点)
●気象庁 火山カメラ 画像より
 8月29日15時00分 有色噴煙火口上1700mの爆発(気象庁)
 諏訪之瀬島(寄木※中之島) 8月29日14時59分〜15時39分の動画

 諏訪之瀬島(キャンプ場) 8月29日14時59分〜15時37分の動画

●気象庁 諏訪之瀬島 活動履歴等 観測点配置図
●産総研 第四紀火山データベース 諏訪之瀬島 概要 詳細情報 1万年噴火イベント 写真集
●地理院 諏訪之瀬島周辺のGNSS連続観測結果

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


トカラ列島宝島付近での地震活動が活発化(2017年1月2日〜最新8月27日)
●気象庁 震度分布図(奄美地方)・速報値
 トカラ列島近海 3月04日18時32分頃 D約10km  M2.4 最大震度2(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 3月13日13時43分頃 Dごく浅い M3.1 最大震度1(十島村宝島)
 トカラ列島近海 3月14日01時07分頃 Dごく浅い M3.3 最大震度1(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 3月14日19時13分頃 D約10km  M3.5 最大震度1(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 4月09日22時57分頃 Dごく浅い M3.2 最大震度1(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 4月13日00時48分頃 D約10km  M2.5 最大震度2(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 4月13日00時50分頃 D約10km  M1.9 最大震度1(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 5月17日21時48分頃 D約10km  M1.5 最大震度1(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 5月20日14時37分頃 D約20km  M3.0 最大震度1(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 5月30日14時23分頃 Dごく浅い M2.9 最大震度2(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 7月03日19時21分頃 D約10km  M2.0 最大震度1(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 7月29日05時55分頃 D約20km  M2.8 最大震度1(十島村2点)
 トカラ列島近海 7月29日06時25分頃 D約20km  M3.9 最大震度2(十島村2点)
 トカラ列島近海 7月29日06時53分頃 D約20km  M2.5 最大震度1(十島村悪石島)
 トカラ列島近海 8月04日19時22分頃 D約10km  M2.7 最大震度1(十島村悪石島)
 トカラ列島近海 8月05日11時22分頃 Dごく浅い M3.0 最大震度1(十島村悪石島)
 トカラ列島近海 8月27日14時24分頃 Dごく浅い M2.1 最大震度1(十島村小宝島)
 トカラ列島近海 9月10日09時54分頃 Dごく浅い M1.6 最大震度1(十島村小宝島)
●地震活動図
 3月4日〜15日の地震活動の震央分布図(GoogleMap)
●参考資料
 海上保安庁 トカラ群島で発見した海底火山について(2013年6月27日掲載)※宝島北方約25km
 海上保安庁 トカラ群島宝島沖に火山地形を発見(2015年7月27日掲載)※宝島北方約10km
 東京大学大気海洋研究所 トカラ列島周辺の浅海域で、大規模なガスプルームを伴う海底火山活動を
  洋上から音響測深・海洋化学観測によって確認(2014年10月1日)※小宝島南方のプルーム

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


奄美大島北西沖(第1奄美海丘北西)で有感地震発生(2017年6月29日〜最新7月8日)
(2017.6.30更新)
奄美大島北西沖(第1奄美海丘北西)で6月27日21時台から29日にかけて群発的な地震活動が発生。
震源は西北西−東南東方向に並び北北東側に傾き下がる分布が見られます。また活動の初期にD50km前後
の深い地震が記録されています。
(2017.7.9更新)
震源域は東南東方向の浅い側に拡散しながらゆるやかに移動しつつ活動が減衰しています。この地震活動は
沖縄トラフの発散型境界での右横ずれに伴う展張性左雁行断裂形成と断裂に沿った深部からの急速なマグマ
貫入によるものと推測されます。
●気象庁 震度分布図(奄美地方)・速報値
 奄美大島北西沖 6月29日10時37分頃 Dごく浅い M4.3 最大震度1(奄美大島2点)
 奄美大島北西沖 6月30日23時38分頃 D約10km  M3.6 最大震度1(奄美大島1点)
 奄美大島北西沖 7月01日00時22分頃 D約20km  M3.9 最大震度1(奄美大島2点)
 トカラ列島近海 7月08日23時45分頃 D約30km  M3.8 最大震度1(奄美大島1点)
●発震機構解(参考除く)※メカニズムの後の( )内は節面・副次成分
 奄美大島北西沖 6月30日23時38分頃 D約10km M3.6 F-net D5km Mw4.2 ※北−南張力軸・正断層型
 奄美大島北西沖 7月01日00時22分頃 D約20km M3.9 F-net D5km Mw4.5 ※北北西−南南東張力軸・正断層型
●地震活動図
 6月27日〜30日の震央分布図・断面図・M-T図・D-T図・時空間分布図



●参考資料
 海上保安庁 奄美大島北西沖の海底火山で熱水・ガスの湧出を発見(2013年10月8日)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動



【海外の地震活動】※M6.5以上及び注目される地震・日付順

・フィジー諸島付近でM6.9の地震発生(2017年1月4日)
・ミンダナオ島南西沖セレベス海でM7.3の深発地震発生(2017年1月10日)
・イタリア中部で4回のM5台を含む地震活動発生(2017年1月18日)
・ソロモン諸島南部でM6.5の地震(2016年12月9日M7.8余震)発生(2017年1月20日)
・パプアニューギニア・ブーゲンビル島付近でM7.9の稍深発地震発生(2017年1月22日)
・ミンダナオ島北東部沿岸でM6.5の地震発生(2017年2月10日)
・ボリビア南部でM6.5の深発地震発生(2017年2月21日)
・トンガ南西沖でM6.9の深発地震発生(2017年2月25日)
・カムチャッカ半島東部でM6.6の地震発生(2017年3月29日)
・ボツワナでM6.5の地震発生(2017年4月4日)
・チリ中部沖でM6.9の地震発生(2017年4月25日)
・ミンダナオ島南部沿岸でM6.8の地震発生(2017年4月29日)
・バヌアツでM6.8の稍深発地震発生(2017年5月9日)
・サウスサンドイッチ諸島でM6.5の地震発生(2017年5月11日)
・アリューシャン列島西部でM6.8の地震発生(2017年6月3日)
・グアテマラでM6.9の稍深発地震発生(2017年6月14日)
・グアテマラ太平洋沿岸でM6.8の地震発生(2017年6月22日)
・フィリピン中部でM6.5の地震発生(2017年7月6日)
・ニュージーランド南島南西沖でM6.6の地震発生(2017年7月11日)
・アリューシャン列島西部でM7.7の地震発生(2017年7月18日)
・エーゲ海南東部でM6.7の地震発生(2017年7月21日)
・中国四川省北部でM6.5の地震発生(2017年8月8日)
・大西洋中央海嶺中部・チェーン断裂帯付近でM6.6の地震発生(2017年8月18日)
・メキシコ南部太平洋沖でM8.1の地震発生(2017年9月8日)
・メキシコ中部内陸でM7.1の地震発生(2017年9月20日) New!

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動

●フィジー諸島付近でM6.9の地震発生(2017年1月4日)
(2017.1.4記)
フィジー諸島付近[221km SW of Nadi, Fiji]1月4日6時52分JST D17.1km M6.9(USGS)
西北西−東南東張力軸の正断層型メカニズム。北フィジー海盆の拡大に伴う地震活動と推測されます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 1月3日0時UT以降のM4.5以上の震央分布図(別窓)
 1900年以降のM6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※石川有三さん フィジー沖の地震(2017/1/4)M6.9
●トンガ南西沖でM6.9の深発地震発生(2017年2月25日)
(2017.2.25記)
トンガ諸島南西沖[283km S of Ndoi Island, Fiji]2月25日2時28分JST D396.1km M6.9(USGS)
西−東張力軸の正断層型メカニズム。西側低下の低角または東側低下の高角節面のすべり。
トンガ海溝から沈み込む太平洋プレートのスラブ内で発生した深発地震。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 2月24日〜25日UTのM4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 D200km以深 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
●バヌアツでM6.8の稍深発地震発生(2017年5月9日)
(2017.5.11記)
バヌアツ[61km NE of Port-Olry, Vanuatu]5月9日22時52分JST D169km M6.8(USGS)
西南西−東北東圧力軸の逆断層型メカニズム。ニューヘブリデス海溝から沈み込むインド・オーストラリア
プレートのスラブ内で発生した稍深発地震。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 5月9日〜10日UTのM4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 D100km以深 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●ミンダナオ島南西沖セレベス海でM7.3の深発地震発生(2017年1月10日)
(2017.1.10記)
ミンダナオ島南西沖セレベス海付近[188km SSE of Tabiauan, Philippines]1月10日15時13分JST D612.7km M7.3(USGS)
北−南中立軸のほぼ垂直の節面の西側上昇またはほぼ水平の節面の上盤側西へのすべり。フィリピン海溝
から沈み込むフィリピン海プレートのスラブ内で発生した深発地震。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 震央位置図(別窓)
 1950年以降 D200km以深 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
●ミンダナオ島北東部沿岸でM6.5の地震発生(2017年2月10日)
(2017.2.11記)
ミンダナオ島北東部沿岸[10km SSW of Basilisa, Philippines]2月10日23時3分JST D15.0km M6.5(USGS)
西北西−東南東圧力軸の横ずれ断層型メカニズム。北北西−南南東の左横ずれの節面はこの付近を通る
フィリピン断層帯の走向とずれのセンスが一致しており、同断層帯の一部が活動した可能性が推測されます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 震央位置図(別窓)
 1900年以降のM6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※石川有三さん ミンダナオ島北方(2017/02/10)M6.5
※参考資料
 PHIVOLCS フィリピンの活断層及び海溝位置図
 フィリピン断層帯の大地震発生パターンの地形学的・地震学的研究(2010年・京大)
●ミンダナオ島南部沿岸でM6.8の地震発生(2017年4月29日)
(2017.4.29記)
ミンダナオ島南部沿岸[30km SW of Burias, Philippines]4月29日5時23分JST D26km M6.8(USGS)
南西−北東圧力軸の逆断層型メカニズム。スンダプレートとフィリピン海プレートに挟まれたモルッカ海
衝突帯北端付近の島弧地殻内で発生した地震と推測されます。ミンダナオ島中部及び南東沖では4月11日〜
15日にかけて群発的な地震活動が記録されています。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 震央位置図 4月11日〜29日UT M4.5以上(別窓)
 1900年以降のM6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
●フィリピン中部でM6.5の地震発生(2017年7月6日)
(2017.7.6記)
フィリピン中部(レイテ島北部)[3km NNE of Masarayao, Philippines]7月6日17時03分JST D6.5km M6.5(USGS)
西−東圧力軸の横ずれ断層型メカニズム。フィリピン断層沿いの内陸地殻内で発生した地震。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 震央位置図 7月6日UT M4.5以上(別窓)
 1950年以降のM6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※石川有三さん フィリピン、レイテ島北部の地震(2017/07/06)M6.5

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●イタリア中部で4回のM5台を含む地震活動発生(2017年1月18日)
(2017.1.18記)
イタリア中部[7km WNW of Amatrice, Italy]1月18日18時25分JST D10km M5.3(USGS)
 西南西−東北東張力軸の正断層型メカニズム
イタリア中部[5km WSW of Amatrice, Italy]1月18日19時14分JST D10km M5.7(USGS)
 西南西−東北東張力軸の正断層型メカニズム
イタリア中部[5km WSW of Amatrice, Italy]1月18日19時25分JST D10km M5.6(USGS)
 南西−北東張力軸の正断層型メカニズム
イタリア中部[4km N of Montereale, Italy]1月18日22時33分JST D6.9km M5.2(USGS)
※USGS
 1月18日18時25分JST D10km M5.3 オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 1月18日19時14分JST D10km M5.7 オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 1月18日19時25分JST D10km M5.6 オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 1月18日22時33分JST D6.9km M5.2 オーバービューページ 体感震度報告
 1月18日UTのM4.0以上の震央分布図(別窓)
 2016年1月19日〜2017年1月18日のM5.0以上の震央分布図(別窓)
※石川有三さん
 イタリア中部(2017/01/18)M5.7&5.6
 イタリア中部の地震M6.2(2016/8/24)
 イタリア中部(2016/10/26)M6.1
 イタリアの地震と地中海のプレートテクトニクス(日本地震学会 なゐふる2017年1月)
 イタリア中部の地震と活断層(産総研IEVGニュースレター2016年12月)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●ソロモン諸島南部でM6.5の地震(2016年12月9日M7.8余震)発生(2017年1月20日)
(2017.1.20記)
ソロモン諸島南部[67km W of Kirakira, Solomon Islands]1月20日8時4分JST D29.9km M6.5(USGS)
USGS発震機構解によると、西南西−東北東圧力軸の逆断層型メカニズムで、ニューヘブリデス海溝から
沈み込むインド・オーストラリアプレートのスラブ内で発生した地震と推測されます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解 震央位置図(別窓)
 2016年12月8日UT以降のM4.5以上の震央分布図(別窓)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●パプアニューギニア・ブーゲンビル島付近でM7.9の稍深発地震発生(2017年1月22日)
(2017.1.22記)
ブーゲンビル島付近[41km WNW of Panguna, Papua New Guinea]1月22日13時30分JST D136.0kmM7.9(USGS)
南西−北東圧力軸の逆断層型メカニズム。ニューブリテン海溝から太平洋プレートの下に沈み込むソロモン海
プレートのスラブ内で発生した稍深発地震。ニューアイルランド島南東沖での12月17日の94.5km M7.9(USGS)
の地震の余震域南東端付近で発生しています。今回の地震発生後は余震の少ない状態で経過しています。
震源に近いソロモン諸島北部チョイスル島北西部のTarekukure-Wharfでは16時台〜21時台JST頃に30分弱の周期
の潮位変動が見られ、その間に3回の盛衰が見られます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 1月22日UTのM4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降のD60km以深 M7.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
 ニューアイルランド島南東沖での12月17日の94.5km M7.9(USGS)の地震の余震分布と今回の地震の震央(M4.5以上)
※UNESCO/IOC
SEA LEVEL STATION MONITORING FACILITY サイトより
 ソロモン諸島北部チョイスル島北西部のTarekukure-Wharfでの23日0時52分JST時点の潮位変動


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●ボリビア南部でM6.5の深発地震発生(2017年2月21日)
(2017.2.22記)
ボリビア南部[42km E of Padilla, Bolivia]2月21日23時9分JST D597.6km M6.5(USGS)
USGS発震機構解によると、西−東張力軸の正断層型メカニズム。東側低下の低角または西側低下の高角節面
のすべりで、ペルー・チリ海溝から沈み込むナスカプレートのスラブ内で発生した深発地震です。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 2月18日〜21日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 D200km以深 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●カムチャッカ半島東部でM6.6の地震発生(2017年3月29日)
(2017.3.30記)
カムチャッカ半島東部[78km NNE of Ust'-Kamchatsk Staryy, Russia]3月29日13時9分JST D22.8km M6.6(USGS)
USGS発震機構解によると、西北西−東南東圧力軸の逆断層型メカニズム。アリューシャン海溝と千島海溝
の会合部付近から沈み込む太平洋プレートとカムチャッカ半島の陸側地殻との境界で発生した地震と推測
されます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 3月29日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
●アリューシャン列島西部でM6.8の地震発生(2017年6月3日)
(2017.7.18更新)
アリューシャン列島西部[200km NW of Attu Station, Alaska]6月3日7時24分JST D5.0km M6.8(USGS)
USGS発震機構解によると、西−東張力軸の横ずれ断層型メカニズム。アリューシャン海盆の地殻内で発生
した地震と推測されます。
※USGS オーバービューページ 発震機構解
 6月2日〜3日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
●アリューシャン列島西部でM7.7の地震発生(2017年7月18日)
(2017.7.18記)
アリューシャン列島西部[198km ESE of Nikol'skoye, Russia]7月18日8時34分JST D11km M7.7(USGS)
USGS発震機構解によると、西−東張力軸の横ずれ断層型メカニズム。アリューシャン海盆の地殻内で発生
した地震と推測されます。この地震で発生した津波によると推測される確実な潮位変動がとらえられた
観測点はありませんでした。アリューシャン列島西部では太平洋プレートが列島に沿って北北西に移動して
いるため、島弧がアリューシャン海盆から西に向けて引きはがされる変動が進行していると推測されます。
今回のM7.7の地震も東西伸張が卓越する応力場での北西−南東走向の右横ずれ断層の活動と推測されます。
※USGS オーバービューページ 発震機構解
 7月17日〜18日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M7.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※石川有三さん ロシア、コマンドル諸島の地震(2017/07/18)M7.7

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●ボツワナでM6.5の地震発生(2017年4月4日)
(2017.4.4記)
ボツワナ[132km W of Moijabana, Botswana]4月4日2時40分JST D29.0km M6.5(USGS)
USGS発震機構解によると、南西−北東張力軸の正断層型メカニズム。アフリカプレートの地殻内で発生
した地震と推測されます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 4月3日〜5日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M5.0以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●チリ中部沖でM6.9の地震発生(2017年4月25日)
(2017.4.30更新)
チリ中部[132km W of Moijabana, Botswana]4月25日6時38分JST D25km M6.9(USGS)
USGS発震機構解によると、西−東圧力軸の逆断層型メカニズムで西側上昇の高角または東側上昇の低角節面
のすべり。ペルー・チリ海溝から沈み込むナスカプレートと南アメリカ大陸地殻の境界で発生した地震と
推測されます。付近では4月23日〜24日にM5.9を最大とする群発的な地震活動が記録されていました。
震源に近いバルパライソでは25日6時50分JST頃から10時JST頃まで地震に伴う津波による、潮位偏差で最大
±20cm程度と推測される潮位変動がとらえられています。また余震域東側と南側では29日0時台〜2時台JST
にM5.9を最大とする6回のM5クラスの地震(USGS)が記録されています。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 4月18日〜30日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M6.5以上の震央分布図(別窓)
※石川有三さん チリ・バルパライソ沖(2017/04/25)M6.9
※UNESCO/IOC SEA LEVEL STATION MONITORING FACILITY サイトより
 バルパライソでの25日9時59分JST時点の潮位変動


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●サウスサンドイッチ諸島でM6.5の地震発生(2017年5月11日)
(2017.5.11更新)
サウスサンドイッチ諸島[132km W of Moijabana, Botswana]5月11日8時23分JST D10km M6.5(USGS)
USGS発震機構解によると、西南西−東北東圧力軸の逆断層型メカニズム。サウスサンドイッチ海溝から
沈み込む南アメリカプレートとサウスサンドイッチ諸島の島弧地殻との境界で発生した地震と推測されます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 5月10日〜11日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●グアテマラでM6.9の稍深発地震発生(2017年6月14日)
(2017.6.15記)
グアテマラ[5km NNE of San Pablo, Guatemala]6月14日16時29分JST D94km M6.9(USGS)
USGS発震機構解によると、南西−北東張力軸の正断層型メカニズム。南西側低下の低角または北東側低下の
高角節面のすべり。中央アメリカ海溝から沈み込むココスプレートのスラブ内で発生した稍深発地震。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 6月10日〜14日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 D60km以深 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※石川有三さん グアテマラ(2017/06/14)M6.9
●グアテマラ太平洋沿岸でM6.8の地震発生(2017年6月22日)
(2017.6.22記)
グアテマラ太平洋沿岸[23km SW of Puerto San Jose, Guatemala]6月22日21時31分JST D46.8km M6.8(USGS)
USGS発震機構解によると、南南西−北北東圧力軸の逆断層型メカニズムで、中央アメリカ海溝から沈み込む
ココスプレートのスラブ内で発生した地震と推測。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 6月10日〜22日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 D60km以深 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※石川有三さん グアテマラ南部沿岸の地震(2017/06/22)M6.8

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●ニュージーランド南島南西沖でM6.6の地震発生(2017年7月11日)
(2017.7.11記)
ニュージーランド南島南西沖[198km NW of Auckland Island, New Zealand]7月11日16時00分JST D10.0km M6.6(USGS)
USGS発震機構解によると、西南西−東北東圧力軸の横ずれ成分(中立軸南南東傾斜)を含む逆断層型メカニズム
で、ピュイゼギュール海溝から沈み込むインド・オーストラリアプレートと沈み込まれる太平洋プレートの
境界または太平洋プレート側で発生した地震と推測されます。
※USGS オーバービューページ 発震機構解
 7月11日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●エーゲ海南東部でM6.7の地震発生(2017年7月21日)
(2017.7.21記)
エーゲ海南東部[10km SSE of Bodrum, Turkey]7月21日7時31分JST D10km M6.7(USGS)
USGS発震機構解によると、南−北張力軸の正断層型メカニズムで、伸張し薄化したエーゲ海の大陸地殻内
で発生した地震と推測されます。この地震で発生した津波によると推測される潮位変動がトルコ・ボドルム
では地震発生直後に潮位偏差で最大±15cm程度とらえられており、地震発生後9時間以上継続しています。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 7月20日〜21日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※UNESCO/IOC SEA LEVEL STATION MONITORING FACILITY サイトより
 トルコ・ボドルムでの21日16時53分JST時点の潮位変動


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●中国四川省北部でM6.5の地震発生(2017年8月8日)
(2017.8.9記)
中国四川省北部[36km WSW of Yongle, China]8月8日22時19分JST D9.0km M6.5(USGS)
USGS発震機構解によると、西北西−東南東圧力軸の横ずれ断層型メカニズムで、ユーラシアプレートの
地殻内で発生した地震です。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解
 8月7日〜8日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※石川有三さん 中国、四川省九寨溝の地震(2017/08/08)M6.5
※中国地震局 四川省九寨溝の地震のページ

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●大西洋中央海嶺中部・チェーン断裂帯付近でM6.6の地震発生(2017年8月18日)
(2017.8.18記)
大西洋中央海嶺中部・チェーン断裂帯付近[North of Ascension Island]8月18日11時59分JST D10.0km M6.6(USGS)
USGS発震機構解によると、南南西−北北東張力軸の横ずれ断層型メカニズム。
※USGS オーバービューページ 発震機構解
 8月17日〜18日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M6.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●メキシコ南部太平洋沖でM8.1の地震発生(2017年9月8日)
(2017.9.10記)
メキシコ南部太平洋沖[87km SW of Pijijiapan, Mexico]9月8日13時49分JST D69.7km M8.1(USGS)
USGS発震機構解によると、南西−北東張力軸の正断層型メカニズムで南西側低下の低角または北東側低下
の高角節面のすべり。中央アメリカ海溝から沈み込むココスプレートのスラブ内で発生した地震と推測
されます。震源北西側に隣接するメキシコ サリナ・クルスでは8日15時JST頃に最大プラスマイナス1m程度
の潮位変動が見られ、地震発生後約1日半非定常的な潮位変動が継続しました。
(2017.9.21記)
USGSによる震源過程解析によると北西−南東走向、北東側低下の高角節面の正断層のすべりが推測されます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解 震源過程解析
 9月7日〜8日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M7.5以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※石川有三さん メキシコ南部沖の地震(2017/09/08)M8.1
※wikipedia チアパス地震(2017年)
※UNESCO/IOC SEA LEVEL STATION MONITORING FACILITY サイトより
 サリナ・クルスでの9日7時03分JST時点の潮位変動

●メキシコ中部内陸でM7.1の地震発生(2017年9月20日)
(2017.9.19記)
メキシコ中部内陸[ENE of Raboso, Mexico]9月20日3時14分JST D51km M7.1(USGS)
USGS発震機構解によると、南南西−北北東張力軸の正断層型メカニズム。中央アメリカ海溝から沈み込む
ココスプレートのスラブ内で発生した地震と推測されます。
(2017.9.21記)
USGSによる震源過程解析によると西北西−東南東走向、南南西側低下の正断層のすべりが推測されます。
※USGS オーバービューページ 体感震度報告 発震機構解 震源過程解析
 9月8日〜20日UT M4.5以上の震央分布図(別窓)
 1950年以降 M7.0以上の震央分布図(別窓)※全ては網羅されていない可能性があります
※wikipedia プエブラ地震(2017年)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動



【海外の火山活動】※日付順

・アリューシャン列島東部ボゴスロフ島で短時間の活発な噴火発生(2017年1月4日〜最新5月29日)
・メキシコ コリマ火山で活発な噴火活動が継続(2017年1月)
・エチオピア エルタ・アレ火山で溶岩湖が溢流(2017年1月17日)
・エチオピア エルタ・アレ火山南東側2箇所で割れ目噴火発生〜溶岩流拡大(2017年1月21日〜)
・イタリア シチリア島エトナ火山で新旧南東火口間に新火口形成(2017年1月23日〜3月18日)
・レユニオン島 ピトン・デ・ラ・フルネーズ火山で溶岩噴泉を伴う噴火発生(2017年1月31日〜2月27日)
・スマトラ島北部 シナブン火山で噴火活動活発化(2017年2月〜)
・イタリア シチリア島エトナ火山の新火口で活発なストロンボリ式噴火(2017年2月28日〜3月21日)
・カムチャッカ半島ベズイミアニ火山で噴火発生(2017年3月9日)
・カムチャッカ半島カンボールニー火山で噴火発生(2017年3月25日)
・カムチャッカ半島クリチェフスコイ火山で噴火発生(2017年3月31日)
・チリ中部 ネバドス・デ・チジャン火山で短時間の活発な噴火発生(2017年4月1日)
・イタリア シチリア島エトナ火山の新火口南側下部に開口した流出孔から溶岩流出(2017年3月22日〜4月14日)
・コスタリカ ポアス火山の火口湖で規模の大きい水蒸気爆発発生(2017年4月14日〜19日)
・イタリア シチリア島エトナ火山の新火口から溶岩流出(2017年4月19日〜20日・27日〜28日)
・グアテマラ フエゴ火山で活発な噴火発生(2017年5月4日〜5日)
・カムチャッカ半島シベルチ火山で規模の大きい火砕流発生(2017年5月11日・16日)
・イタリア エオリア諸島ストロンボリ火山で活発なストロンボリ式噴火(2017年5月18日〜最新6月日)
・カムチャッカ半島シベルチ火山で短時間の活発な噴火発生(2017年6月15日・19日)
・レユニオン島 ピトン・デ・ラ・フルネーズ火山で溶岩噴泉を伴う噴火発生(2017年7月14日〜)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動

●アリューシャン列島東部ボゴスロフ島で短時間の活発な噴火発生(2017年1月4日〜最新5月29日)
(2017.1.8更新)
アリューシャン列島東部フォックス諸島のボゴスロフ島[Bogoslof]で1月4日15時18分に継続時間の短い
活発な噴火活動が発生し、11kmまで上昇して移流する濃い噴煙がとらえられました。また、6日にも活発
な噴火活動による噴煙が地上、空撮、衛星画像でとらえられています。
(2017.2.20更新)
ボゴスロフ島で2月20日11時8分〜45分に継続時間の短い活発な噴火活動が発生したとのことです。
(2017.3.8記)
ボゴスロフ島で3月8日16時36分に規模の大きい爆発的噴火が発生したとのことです。
(2017.6.11記)
ボゴスロフ島では5月17日以降、6月11日時点まで単発的な噴火を繰り返しています。特に5月29日7時34分JST
には噴煙高度12kmにおよぶ規模の大きい爆発的噴火が発生したとのことです。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 1月4日 2月20日 3月8日 5月31日
※Alaska Volcano Observatory 1998年6月13日と1月10日の空撮画像比較 1月31日の衛星画像※火砕丘の急速な成長
GoogleMap空中写真(別窓)
※NICT ひまわり8号リアルタイムWeb画像より
 1月4日15時20分〜19時40分のバンド14(11.2μm)長波長赤外画像による動画
 3月8日17時00分〜19時40分のバンド13(10.4μm)長波長赤外画像による動画


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動

●メキシコ コリマ火山で活発な噴火活動が継続(2017年1月)
(2017.1.22更新)
メキシコ コリマ[Colima]火山では2016年から引き続き活発な噴火活動が継続しており、1月8日には溶岩噴泉
と溶岩流を伴う噴火が発生し、その後も活発なブルカノ式爆発が頻発する状態が継続しています。特に18日
〜20日にかけて規模の大きい爆発が発生しています。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 1月7日 1月17日 1月20日 1月21日
GoogleMap空中写真(別窓)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●エチオピア エルタ・アレ火山で溶岩湖が溢流(2017年1月17日)
●エルタ・アレ火山南東側2箇所で割れ目噴火発生〜溶岩流拡大(2017年1月21日〜)
(2017.5.11更新)
エチオピア エルタ・アレ[Erta Ale]火山の溶岩湖が1月17日に溢流しカルデラ内の四方に溶岩流が流出。
さらに21日には南東側約3kmと約4kmの地点で割れ目噴火が発生。溶岩流はその後、山腹から溶岩チューブを
介して拡大し3月30日時点で100haに及んでいるとのことです。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 1月24日 1月25日 1月26日 1月27日 4月2日
GoogleMap空中写真(別窓)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●イタリア シチリア島エトナ火山で新旧南東火口間に新火口形成(2017年1月23日〜3月18日)
●エトナ火山の新火口で活発なストロンボリ式噴火(2017年2月28日〜3月21日)
●エトナ火山の新火口南側下部に開口した流出孔から溶岩流出(2017年3月22日〜4月14日)
●エトナ火山の新火口から溶岩流出(2017年4月19日〜20日・27日〜28日)
(2017.2.18更新)
イタリア シチリア島エトナ[Etna]火山の新・旧南東火口間に形成された新火口で1月23日頃から小規模
なストロンボリ式噴火が始まり、2月17日時点で間欠的な微噴火が継続しています。
(2017.3.3記)
エトナ火山の新・旧南東火口間に形成された新火口で2月28日3時JST頃から急激な火山性微動の増大を伴い
強いストロンボリ式噴火を開始。南西方向に溶岩流を流下させながら、3月2日7時JST頃まで継続しました。
(2017.3.17記)
エトナ火山の火山性微動振幅が3月15日17時JST頃から急激に増大し、16日12時JSTには新・旧南東火口間
に形成された新火口での噴火が溶岩噴泉の状態で、南東方向に溶岩流の流下が始まっているのが確認でき
ました。その後、活発な連続灰噴火期をはさみながら17日6時57分JSTから再びストロンボリ式噴火が活発化
し、溶岩流は17日12時JST時点で東側の平坦地(凹地)Valle del Boveへの急斜面を流下中です。
(2017.3.24記)
エトナ火山の新火口での活発なストロンボリ式噴火は3月18日19時JST頃以降は静穏化しましたが、22日頃
から新火口の南側の下に開口した流出孔から溶岩流が連続的に流出を開始し南方への流下が24日8時JST時点
まで継続しています。なお、東側Valle del Boveへの流下は弱まっていますが、3月19日0時0分頃には急斜面
での規模の大きい崩落による顕著な噴煙を伴う火砕流が発生しています。
(2017.4.16更新)
新火口の南側の下に開口した流出孔からの溶岩流流出は現地時間の4月8日日中には停止もしくは停滞状態と
なりましたが10日21時10分JST頃に2回目の流出を開始。東方と南方に新たな溶岩流が流下し11日日中には
停止した継続時間の短い活動でした。さらに13日3時台JSTの火山性微動振幅増大後の13日夜間には3回目の
溶岩流出を開始し14日夜半前まで継続する継続時間の短い活動が発生しました。
(2017.4.29更新)
エトナ山で4月19日18時JST頃から火山性微動の振幅が増大、南東側新火口から溶岩流が流出し東方と南方
へ流下。東方への溶岩流はValle del Boveへの急斜面を連続的に流下しました。溶岩流出は火山性微動の
振幅が急速に減衰した20日12時JST頃まで継続したと推測され、現地時間の夜間には溶岩流の温度も低下し
ました。現地時間4月26日夜間には火口南縁の天窓から火山性微動振幅の増大を伴わない溶岩流出が始まり、
27日6時43分JST頃からは火山性微動振幅の急速な増大に同期して新火口での活発なストロンボリ式噴火が
再開し、新火口の北側からも溶岩流が流出して北側と南東側に溶岩流が流下しましたが、27時23時JST頃には
火山性微動振幅が増大前のレベルまで低下するとともに噴火と溶岩流出は停止したと推測されます。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 最新 1月24日 1月27日 2月16日 2月28日 3月15日 3月16日 3月18日 3月18日(写真集)
 3月22日 4月2日 4月14日
GoogleMap空中写真(別窓)
エトナ火山山頂周辺の火口位置図
※INGV-OE Catania 火山性微動振幅変動グラフ 観測点位置図
 新火口での2月28日3時JST頃からの活発なストロンボリ式噴火に伴う増大(3月3日7時49分JST時点)
 3月15日17時JST頃から振幅が増大し16日12時JST頃には噴火活動が溶岩噴泉の状態と確認(3月16日12時48分JST時点)
 3月20日4時JST頃から振幅が急速に減衰し噴火活発化前のレベルに(3月21日4時8分JST時点)
 4月14日3時台JST頃から振幅が増大し新火口南側の流出孔から3回目の溶岩流出開始(4月14日3時39分JST時点)
 4月19日18時JST頃から20日12時JST頃まで振幅が増大し新火口から溶岩流出(4月20日12時49分JST時点)
 4月27日6時JST頃から23時JST頃まで振幅が増大し新火口で活発なストロンボリ式噴火※溶岩流出は増大前から(4月28日7時00分JST時点)
新旧南東火口間に新火口での小規模なストロンボリ式噴火(Boris Behncke・facebook)
※RadioTouring社のWebCamEtna(エトナ山南麓)画像より
 新火口での新火口での間欠的な微噴火(1月24日18時56分〜19時13分JSTの動画)
 複数火口からの噴気が活発な状態(1月25日16時26分〜45分JSTの動画)
 新火口での間欠的な微噴火(2月17日1時13分〜57分JSTの動画)
 南東方向への溶岩流がValle del Boveへの急斜面で崩落して発生した火砕流(3月18日23時59分〜19日0時29分JSTの動画)

※RadioSTUDIO7社のWebCam動画・画像より
 新火口での活発なストロンボリ式噴火の動画(3月1日5時14分〜15分JST北東側より)

 新火口での活発なストロンボリ式噴火の動画(3月16日5時14分〜15分JST南側より)

 南東方向への溶岩流流下状況の動画(3月17日11時35分〜47分JST南東側より)

 新火口南側下に開口した流出孔からの溶岩流の動画(3月24日7時00分〜29分JST南側より)

 新火口からの溶岩流出(4月20日3時0分JST南側より)

 新火口からの溶岩流のValle del Boveへの急斜面での連続的な流下(4月20日8時47分JST南東側より)

 新火口での活発なストロンボリ式噴火と火口南縁天窓からの溶岩流の動画(4月27日8時00分〜13時00分JST南東側より)

※Osservatorio Meteorologico di Nunziata di Mascali社のWebCam動画・画像より
 新火口からの北と南東方向への溶岩流(4月27日12時03分JST東麓より)

※INGV-OE CataniaのWebCam画像より Monte Cagliatoからの赤外線熱映像
 新火口からの溶岩流のValle del Boveへの急斜面での連続的な流下(4月20日8時47分JST南東側より)

●イタリア エオリア諸島ストロンボリ火山で活発なストロンボリ式噴火(2017年5月18日〜最新6月8日)
(2017.6.11記)
イタリア エオリア諸島のストロンボリ火山[Stromboli]火山で5月17日から活発なストロンボリ式噴火が
6月8日時点まで断続的に発生しているとのことです。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 5月18日 31日 6月9日
GoogleMap空中写真(別窓)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●レユニオン島 ピトン・デ・ラ・フルネーズ火山で溶岩噴泉を伴う噴火発生(2017年1月31日〜2月27日)
●ピトン・デ・ラ・フルネーズ火山で溶岩噴泉を伴う噴火発生(2017年7月14日〜)
(2017.4.11更新)
フランス領レユニオン島のピトン・デ・ラ・フルネーズ[Piton de la Fournaise]火山で1月31日に
溶岩噴泉と溶岩流を伴う噴火が始まり、一時的な減衰をはさんで再活発化し2月27日まで継続したとの
ことです。
(2017.7.16記)
ピトン・デ・ラ・フルネーズ火山で7月14日5時50分JSTに溶岩噴泉と溶岩流を伴う今年3回目の噴火が発生。
16日7時JST時点で継続中です。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 2月1日 2月3日 2月10日 2月15日 3月1日
 7月14日
※YouTubeより 1月31日(Zinfos974) 2月1日(Thomas Hoarauc@HTA Photographie)
GoogleMap空中写真(別窓)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●スマトラ島北部 シナブン火山で噴火活動活発化(2017年2月〜)
(2017.2.13記)
スマトラ島北部 シナブン[Sinabung]火山で2014年からの溶岩ローブ崩壊による山体東側〜南側への火砕流
が断続的に発生し、2017年2月2日〜7日にはプルームの上昇の頻発が観測され、最高7.3kmに達したとの
ことです。このほかにも爆発的噴火や灰噴火が発生しています。
※スミソニアン博物館 GVP 9月27日〜10月の活動
GoogleMap空中写真(別窓)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●カムチャッカ半島ベズイミアニ火山で噴火発生(2017年3月9日)
(2017.3.13記)
カムチャッカ半島ベズイミアニ[Bezymianny]火山で3月9日12時JST頃に規模の大きい噴火が発生。
※wikipedia ベズイミアニ山
GoogleMap空中写真(別窓)
※NICT ひまわり8号リアルタイムWeb画像より
 3月9日11時50分〜15時30分の可視光画像による動画

●カムチャッカ半島カンボールニー火山で噴火発生(2017年3月9日)
(2017.3.26記)
カムチャッカ半島南端のカンボールニー[Kambalny]火山で3月25日9時JST頃に噴火が発生。
※スミソニアン博物館 GVP Kambalny
GoogleMap空中写真(別窓)
※NICT ひまわり8号リアルタイムWeb画像より
 3月25日9時00分〜16時00分の可視光画像による動画

●カムチャッカ半島クリチェフスコイ火山で噴火発生(2017年3月31日)
(2017.3.26記)
カムチャッカ半島のクリチェフスコイ[Klyuchevsky]火山で3月31日に噴煙プルームが7.5kmまで上昇
した噴火が発生。
GoogleMap空中写真(別窓)
●カムチャッカ半島シベルチ火山で規模の大きい火砕流発生(2017年5月11日・16日)
●シベルチ火山で短時間の活発な噴火発生(2017年6月15日・19日)
(2017.5.19記)
カムチャッカ半島のシベルチ[Shiveluch]火山で5月11日と16日に溶岩ドームの崩落に伴う規模の大きい
火砕流が発生し、特に16日16時7分JSTの火砕流は6〜7km流下し、約10kmの噴煙が上昇したとのことです。
(2017.6.20記)
シベルチ火山で6月15日と19日に噴煙高さ1kmを超える短時間の活発な噴火が発生。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 5月18日
GoogleMap空中写真(別窓)
※NICT ひまわり8号リアルタイムWeb画像より
 6月19日1時30分〜5時00分の可視光画像による動画


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●チリ中部 ネバドス・デ・チジャン火山で短時間の活発な噴火発生(2017年4月1日)
(2017.4.3記)
チリ中部 ネバドス・デ・チジャン[Nevados de Chillán]火山で4月1日に短時間の活発な灰噴火が
発生したとのことです。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 4月1日
GoogleMap空中写真(別窓)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●コスタリカ ポアス火山の火口湖で規模の大きい水蒸気爆発発生(2017年4月14日〜19日)
(2017.4.22記)
コスタリカ ポアス[Poas]火山の火口湖で現地時間4月14日から水蒸気爆発が頻発し、19日には規模の大きい
水蒸気爆発によって火口湖の湖水が散逸し、溶岩ドームが消失したとのことです。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 4月15日
※YouTubeより 4月19日の規模の大きい水蒸気爆発(コスタリカのニュース)
GoogleMap空中写真(別窓)

TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動


●グアテマラ フエゴ火山で活発な噴火発生(2017年5月4日〜5日)
(2017.5.7記)
グアテマラ フエゴ[Fuego]火山で5月4日〜5日に約24時間継続した溶岩噴泉を伴う活発な噴火活動発生。
複数の火砕流も発生。7日には定常的な断続的にストロンボリ式噴火が発生する状態にまで活動が低下した
とのことです。
※VOLCANO DISCOVERY NEWS 5月7日
GoogleMap空中写真(別窓)
※NOAA AURA衛星 OMIセンサー SO2分布画像より
 5月6日4時4分時点 フエゴ火山の噴火によると推測される高濃度プルーム


TOP 国内の地震活動 国内の火山活動 海外の地震活動 海外の火山活動



地震・火山関連メニュー