宮田(みやだ)台地の露頭

2016年11月3日・2017年4月30日・7月30日撮影

| (2017年11月5日記)                                     |
|  A地点について11月4日、神奈川県立 生命の星・地球博物館の笠間友博さんに現地に同行して  |
| 確認していただいた結果(3)露頭の地層判定に間違いがあることが判りましたのでコメントを  |
| 修正しました。                                      |

参考リンク
三浦半島宮田台地の第四系(奥村ほか/地学雑誌・1977)
地域地質研究報告 5万分の1図幅「横須賀」(地質調査所・1998)
産総研 地質図Navi 5万分の1地質図幅「横須賀」 凡例


見取図
宮田台地

矢印は全体写真の撮影方向


A地点・横須賀市林の三浦縦貫道延伸工事現場(船久保遺跡南側)

(1)三崎砂礫層・東京パミスから上位の関東ローム層が見られる切土法面 / 2017年7月30日

宮田台地

三崎砂礫層の露頭に現れている範囲の最厚部は3m程度(奥村ほか(1977)によると林付近での層厚は約5m)、東京パミス上面に火炎構造のような乱れ


(2)三崎砂礫層を切る東西方向の埋没谷が見られる切土法面 / 2017年7月30日

宮田台地

西側(谷頭側)には東京パミスが集積して厚く堆積


(3)宮田層内の不整合と断層が見られる切土法面(2017.11.9訂正) / 2017年4月30日

全体

宮田台地


全体説明図

宮田台地


断層上盤側の宮田層砂質部

宮田台地


断層面拡大

宮田台地

断層面の酸化鉄と推測される薄層


走向方向から見た断層による擾乱帯

宮田台地

断層は北東−南西走向・北西傾斜

正断層による宮田層砂礫質部のパミスの食い違い

宮田台地

正断層は北側落ち(走向・傾斜は不明)


宮田層砂礫質部の構成物

宮田台地

淘汰のよい小円礫混じりの中粒砂にパミスが断続的に層状に混入


宮田層砂質部の不整合面にアバットして堆積する砂礫質部

宮田台地



B地点・三浦市初声町和田北東部の三浦縦貫道延伸工事現場

東京パミス(2017.10.3訂正)から上位の関東ローム層が見られる切土法面 / 2016年11月3日

全体

宮田台地


全体説明図

宮田台地


中央部分拡大

宮田台地



C地点・三浦市初声町下宮田北東部の畑地

宮田層鹿穴(しゃあな※2017.5.20訂正)凝灰質砂部層に多産する貝化石 / 2017年4月30日

全体

宮田台地


部分拡大(上側)

宮田台地


部分拡大(下側)

宮田台地



戻る